【商品レビュー】Jun Okamoto 18SS 突然現れた君に捧げるブラウス

スポンサードリンク




カーディガンは春先〜少し暑くなって着た初夏の時期や、夏の終わりに向かう初秋にかけて大活躍するアイテムです。
Tシャツ1枚の上から着てもサマになり、シャツの上だと防寒着として活躍します。

そして今の時期、秋は赤い色を着たくなる季節。

今回は春夏秋にちょうどいいおしゃれなカーディガンをご紹介。

 

Jun Okamoto 18SS

今回ご紹介するのはJun Okamotoの2018年春夏シーズンのもの。

商品名は「突然現れた君に捧げるブラウス
JunOkamotoのアイテムは毎シーズン物語をデザイナー岡本順さん自身が作り出し、その物語を想起させるかのような名前がアイテムに割り当てられます。

品名にこだわるデザイナーというのはとても珍しいですね。

 

突然現れた君に捧げるブラウス

「ブラウス」と名が付いていますが、アイテム自体はカーディガンそのもの。
通常のものとは少し違い、ストールがカーディガンと一体化している特殊なデザインとなっています。

このストールは裁ち切り素材になっているので着用を繰り返すと糸がほつれてきます。クタっとして服に馴染んでいく感じも、経年変化を楽しめて良いですね。

 

ストールは垂らしたり結んだりと各々でアレンジすることができます。
私は前で垂らすことが多かったのですがいずれは結ぶのにも挑戦したいところ。
カーディガン本体とストールは色が少し違うので、そこもまた目立つポイントになります。

 

前はポケットが二つ。

ちなみに通常のカーディガンのように前で止めるボタンはありません。

 

後ろは丈が短めになっており、フロントの方が布の分量が多め。

こちらの赤い色はBRICK REDと呼ばれ、レンガ色とも言われています。
春夏のアイテムですが晩夏〜秋にぴったりな色味。これからの時季に映えるでしょう。

 

素材は麻(リネン)が入っているのでとても涼しいです。サラりとしており着心地も抜群。
涼しすぎるので本格的に寒くなった時期だとアウターとして着るのは結構厳しく、インナーとして使用するのがオススメ。

インナー使いだとアウターの下からストールが垂れるので美しく見えます。

 

 

170cm50kgでSサイズが袖も大きさもちょうどいい感じでした。

私の体型だとJunOkamotoはほとんどのアイテムがSサイズでピッタリになる模様。

 

 

今年は大活躍だったこちらのカーディガン、寒くなってもうじき着れなくなってしまいますがインナーとしてまだまだ活躍させたいところです。

Jun Okamotoのアイテムは購入できる場所が限られていますが、直接店舗に問い合わせれば代引きでの通販も行っています。

2018年秋冬も良いアイテムが揃っていますので、そちらも是非。

スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です