今年の夏はユルめに。VIRGOのクレストパンツがかっこいい。

スポンサードリンク




 

近年はオーバーサイズのファッションが主流で、街を行き交う人々もビッグシルエットのアイテムが目立ちます。

2018年もその余波を受け、ユルめのファッションが活躍中。

 

それらのアイテムは夏に着ると涼しく見えるので、暑い季節はユルめのアイテムが使いやすい時期ともいえます。

私は夏になるとユルめのシルエットで過ごすことが多いのですが、そんな中で最近大当たりだと思ったのがVIRGO(ヴァルゴ)のcrest pants(クレストパンツ)。

 

毎年シルエットを改良して春夏シーズンに販売されており、著名なアーティストだと[Alexandros]の川上洋平さんや、BIGMAMAの金井政人さん、BRAHMAN TOSHI-LOWさんも数年前に着用していました。

様々な方に大人気のクレストパンツの魅力をご紹介します。

 

 

シルエット

(引用:https://twitter.com/VIZ_STORE_TOKYO/status/992631880452268032

ユルめのサルエルパンツのようなシルエット。見た目はとても大きく、ボリュームがあります。

その形状が布の分量を多く取るラップパンツのようにも見えるので、インパクトも抜群。

 

カーゴパンツという扱いなのでポケットの数も多め(前に4つ、後ろに2つ)。

股上は深めでこのユルさは真夏の時期に映えますね。

 

夏に着るものなので、上に合わせるものはTシャツ1枚などラフな感じでOK。

ビッグシルエットのTシャツと合わせて上下ユルユルにしてもオシャレかもしれません。

私は全身ユルユルにしたいなぁとか思ったり。

 

春や秋など、上がもう1枚必要な気温になってきたらシャツやカーディガンなど羽織りも組み合わせると良いかも。

 

 

涼しい素材・着心地

生地はコットン100%。

肌にまとわりつく感じが無く快適な着心地です。とても涼しい。

 

腰はボタンでサイズ調整でき、3段階調整ができます。

一応ベルトを通す穴もありますがベルトいらずで着用できるとこが良いですね。

 

夏って汗をかくので、腰回りをベルトで窮屈にしたくないんですよね。

『夏物でベルトいらず。』私が夏服に求める鉄則でもあります。

 

洗濯は手洗い推奨。

私は洗濯機のおしゃれ着モードで洗っています。

 

 

サイズ感

170cm 50kgの私はサイズ2(最小サイズ)を着用。

ボタンも一番きつめにしてベルトいらずで履いています。

 

カラーはグレー、チャコール、ブラックの3種類あり、私は使いやすいブラックを購入。

価格は税込18,900円と少々高めですが、カッコいいデザインなのと着心地が最高です。

 

この夏、これ1本だけで過ごせてしまうのではないかという大当たりパンツ。

私は会社員で平日はスーツを着ているので着れるのは一週間で休日の2回のみ。

沢山履きたいので夏が伸びないかと思うばかりです。

 

 

クレストパンツのwearはこちら

スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です