平成最後のライダー、『仮面ライダージオウ』公式発表最速まとめ。

スポンサードリンク




今朝、2018年9月2日(日)放送開始予定の仮面ライダージオウが発表されました。

平成最後の仮面ライダーとなるジオウについて、現在判明していることをまとめてみました。

 

 

あらすじ

2018年秋 ――王になることを夢見る2000年生まれの主人公の前に突如現れたタイムマシーン。
そのタイムマシーンから現れた謎の少女は彼に告げる。
「私は2068年からやってきた。未来の世界は魔王が君臨し、人々を苦しめ、希望のない世界を創りだしている」
そんな絶望的な未来の世界を変えるために2018年にやってきた少女はさらに告げる。
「未来のアナタこそが、いずれ世界を破滅させる魔王にして時の王者“ジオウ”となる」と。
仮面ライダージオウに変身する運命にある主人公、彼はヒーローではなく未来の魔王なってしまうのか・・・果たして未来の運命は?
これは時空をまたにかけ、歴代平成仮面ライダーたちと出会いながら、過去・現在・未来、あらゆる時を救うために戦う次代の王となる仮面ライダーの物語。

東映公式HPより引用。)

 

どうやらジオウは2007年放送の電王以来となるタイムトラベルライダー。

過去のライダーたちと邂逅し旅を続け、未来を変えていく物語になるのでしょうか。

この点は、旅を続けて自分の世界を見つけていくディケイドとは異なる点ですね。

 

というか物語開始時点で「王になることを夢みる主人公」って、設定がぶっ飛んでる

 

仮面ライダージオウ

変身ベルトジクウドライバーライドウォッチを装填して変身する仮面ライダージオウ

平成ライダー全ての力を使えるといわれています。

紫色(ピンク?)の配色はディケイドを彷彿とするかのよう。

 

注目すべきはマスク。

額にカメンと書いてあり、複眼がライダーという文字になっています。

顔のベースは時計でアンテナは秒針を表し、モチーフは時計と文字といったところでしょうか。

控えめにみてダサいですが、仮面ライダーの伝統芸動けばカッコいい現象でかっこよくなるのかなぁ。

 

 

ジオウという名前について

英語表記でZIOというのですが、これは2 10(にじゅう。平成ライダー20作目)を表しているかと思います。

またタイムトラベルライダーなので時王、次の王になるライダーということから次王、210をひっくり返すと012(0-12 時計と同じ)、The 王など、様々な意味が込められた名前ですね。

電車の王様、ってことで安直に決まった電王とえらい違いだ

 

 

二号ライダー、3号ライダーの存在

ビジュアルポスターでジオウの後ろにいるのは、ジオウではなく別のライダーとのこと。

つまり二号ライダーの存在が既にここで明らかになっています。

よく見ると複眼がひらがなで「らいだー」って書かれている…、これはダサすぎる…笑

 

またビジュアルではディケイドも大きく描かれており、もしかしたらディケイドは3号ライダー的な存在として物語に関わってくるのでは…?との考察もあります。

ディケイドTV放送では二号ライダーとしてディエンド3号ライダー的存在としてクウガがいましたので、その可能性は十分考えられます。

 

ディケイドとの違い

これからジオウが比較されていくであろう、平成ライダー10作目を飾った作品仮面ライダーディケイド

ディケイドはクウガ〜キバまでのライダーに変身する能力がありましたが、ジオウは変身ではなく平成ライダーの力を秘めたアーマーを纏って闘うようです。

 

変身アイテムライドウォッチにレジェンドライダーの力が秘められているとのことですが、平成ライダー20人いるのでアイテム総数は20個…

もしこれに昭和、平成サブライダー、フォームチェンジが加わったら膨大な数になりますね。

アイテムの可能性がまさにムゲンにあるので、今年も財団Bことバンダイはたくさん儲かりそうです

 

 

まとめ

今回は半年近くしか放送しなかったディケイドと違い丸々1年かけての放送。

過去のオリジナルキャストは登場するのか、昭和ライダーは出るのか、敵はディケイドの時と同様過去作の敵キャラ全部なのか、アマゾンズは出させてもらえるのか、まだまだ分からないことだらけですが期待できるのは確か。

 

公式ツイッター。

この語尾につける「ジオ」、誰が喋ってるんでしょうかねえ。

 

仮面ライダージオウは9月2日(日)より放送スタート。

8月公開のビルド劇場版では一足先にその姿を見ることができます。

 

今年の仮面ライダーも、最後までクライマックスだぜ!

スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です