美しい羽根柄がオシャレ、LAD MUSICIANのフェザー柄ビッグTシャツ。

スポンサードリンク




『Tシャツに求めるもの』

素材やシルエット、デザインなど…この基準はおそらく人それぞれだと思います。

私はその中でも重視しているのがデザインです。

着ている人を見て「それどこで買ったの?」と興味を惹いてもらえるような美しいデザインであれば、それを着るのが毎回楽しく成ります。

 

そして夏はTシャツ1枚で外出することが多くなり、デザインというのは注目を集めがち。

LAD MUSICIANの2018年夏コレクションから、おしゃれで注目の的になるような柄Tシャツが発売されたのでご紹介します。

 

 

目を引くフェザー柄

私が今回購入したLAD MUSICIANのフェザー柄Tシャツ

羽が所狭しと舞っている模様をインクジェットでプリント。裏面も同じ模様になっていて、見るだけでとても美しいデザインです。

 

サイドには少しスリットも入っていて、ビッグシルエットTシャツでは嬉しい作り。

動いているときのシルエットが綺麗になります。

 

カラー展開は羽の色だけが変わり、それぞれホワイト・グレー・グリーンの3種類。

黒色ベースなのは変わりません。

スタッフによるグリーン着画。足元はサンダルでユルめにスタイリング。

 

 

こちらはグレーを着用。

総柄のアイテムは着るのが難しいと敬遠されることもあるのですが、グレーだと色味が大人しめなのでそういう方にはおすすめです。

 

こちらのビッグTシャツのサイズ展開は、42・44・46・スーパービッグの4種類。

全てコットン100%ですがスーパービッグ以外は素材が薄めになっていて、完全なる夏仕様Tシャツ。

これは糸の違いによるもので、スーパービッグはタフな素材、それ以外は軽い着心地素材に仕上がっています。

なので涼しく着たい場合は42〜46のサイズがおすすめ。

 

私はホワイトのサイズ44を購入。ビッグTシャツということもあり170cm50kgの私に少し大きめ。

しかしビッグシルエットがトレンドということから、少し大きめがちょうどいいかと思いこのサイズに決めました。

 

 

大人気フェザー柄の復刻

実はフェザー柄は2014年に既に販売されていたデザインでした。

それが4年の歳月を経て復刻。アイテムの形やカラーは当時のものとは少し異なっています。

 

例えばTシャツは、当時発売されたのにUネックがありましたが今期はありません。

当時は首元がゆるいアイテムが流行っていましたが最近は首元がゆるい商品があまり発売されていない傾向から、今回Tシャツとして登場したのはビッグTシャツとノースリーブのみ。

カラーも当時は赤と青があったそうです。赤、気になる。

 

 

着ている著名人

ロックバンドMY FIRST STORYのドラムKid’zさんが現在行われているツアーのライブ衣装として着用しています。

目立つ柄はステージ衣装として映えますね。

 

同じくロックバンド04 Limited SazabysのドラマーKouheiさんもライブ衣装に着用。

ドラマーに人気?笑

https://twitter.com/04LS_nagoya/status/1003185069417115655

 

 

フェザーアイテムはとても目立つので、身に付ければ目に付くこと間違いなし。

実は私は2014年にフェザー柄が世に出た頃、街で見かけた時にどのブランドのものかずっと気になっており四年後の現在ついに自分でも着ることができました。

これからずっと大切に着たいと思えるTシャツです。

 

オンラインストアはこちら

スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です