dripのキャッシュレス財布「PRESSo」を購入。ファーストインプレッション

スポンサードリンク




 

こだわりのモノを作る会社dripから販売されているキャッシュレス財布、PRESSoを購入しました。
小ささ・革の質感・高級感・軽さ どれをとっても一級品で、今となっては超お気に入りの財布となっています。

本当は購入した時にこのブログを書こうと思っていたのですが、写真データが無くなってしまったと思いお蔵入り。
しかし最近データが見つかったため、最初に購入したときの画像をご紹介します。

 

まずは外箱。
とてもシンプルで、手書き風の文字がかわいい。

高級感ある黒主体の外箱で、開けるのがとてもワクワクします。

 

箱を開けるとまず説明書

 

説明書などとタグ。
最初は革が硬いことや、水に弱いことなどが書かれています。

 

綺麗に包まれたPRESSoとついにご対面です。

 

PRESSo モカ

置いている場所をフローリングからソファーに変えて撮影。
ブラウンの色味がとても綺麗。ファーストインプレッションとしてはザ・革という感じでした(当たり前)。

このときは購入したばかりなので、とても綺麗な状態ですね。

 

開いた状態。

購入した時点では革が硬かったので、これ以上広げませんでした。
少しずつ育てていきたいので無理はしない。

使用頻度にもよりますが、2〜3ヶ月ほど経つと折り目の部分も柔らかくなります。

 

カードは6枚(3箇所に2枚ずつ収納)入れることができますが、説明書に最初は革が硬いのでカードは1枚から購と書かれていましたので、1枚だけ入れてみる。
この時収納していたのは、

・Tポイント
・クレカ
・サブのクレカ

そして5000円札。
少しずつ育てていくのがおすすめです。

 

ということで、発掘された画像を使った1年3ヶ月遅れのファーストインプレッションでした。
次回は1年3ヶ月使い込んだ感想をアップしていこうと思います。

 

PRESSoを使い続けて1年3ヶ月が経ちました。使ってみた感想。

スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です