【感想】UNISON SQUARE GARDENの機材車ラジオ #27 春が来てぼくら

スポンサードリンク




オープニング

番組改編期である4月。
収録があるということは番組が打ち切られず済んだ、ということでオープニングから安堵するメンバーたち。

新生活というのは環境が変わるため、新規リスナーが増えることが多いそう。
でもこの機材車ラジオはコーナーが多すぎたり変なコーナーばかりだったり、たまに意味不明なコントがあったりと、初見リスナーには結構厳しいのではないかという話に。
確かに…コントとかファン以外の方にとっては受け入れるレベル高い内容なのでは…。

というわけで今回は、機材車ラジオにはどんなコーナーがあったかを3人が解説していきます。

 

番組紹介

機材車ラジオコント『新生活』

時折挟まれる、ユニゾン3人による朗読コント。
設定がぶっ飛んでいるのがポイントで、貴雄…やりたい派、田淵…やらない派、斎藤…流されるがまま派、という3人の中でも好き嫌い分かれているコーナー。

 

一人暮らしを始める息子役 斎藤宏介
お母さん役:鈴木貴雄
息子が飼っている思春期の地球人役:田淵智也
息子が飼っている無邪気な小学生の地球人役:田淵智也

今回はこの春、実家を出た息子の部屋にやってきたお母さんに飼っているペットを紹介する話。
実家で飼っている思春期の地球人という役が出てくるあたり設定がぶっ飛んでる。

斎藤さんが「ペット↑」「アメリカンショートへアー↑」などと変わったイントネーションのアドリブを入れるために笑うスタジオ。

 

BGM
kid, I like quartet – UNISON SQUARE GARDEN

 

田淵さん、このメッセージで”ゲリラ”流してもいいですか?

「人の曲流せるんだったら、坂井真紀のゲリラ~Get it up~流すまで死ねない!」という気持ちでラジオに臨んでいたらしい田淵。
リスナーから良いエピソードを募集し、その内容に感動したらゲリラを流すというコーナー。なんか違うなと思ったら別の曲を流します(参考にこれまでに流した曲:『キレてんじゃない – ユースケ・サンタマリア』など)
とても人気コーナーで、メッセージはめちゃめちゃ来ているらしい。

 

MVオーディオコメンタリー

Youtubeに上がってるMVをリスナーと一緒に見ながら、そのMVの背景や思い出などを紹介していく企画。
結構人気で、これまでに数回放送されています。

 

鈴木貴雄のおすすめYoutuber紹介

Youtube企画第2弾。笑
ほぼ毎日Youtubeを見ている貴雄が、おすすめの動画を紹介するコーナー。
おすすめのゲーム実況、サムネを見て気になった動画などを紹介していきます。
ちなみに貴雄が好きなYoutuberはせやろがいおじさん。

 

鈴木さんによる鈴木さんのための番組、週間鈴木ニュース

「1回しかやってないじゃん!」「これレギュラーだったの!?」と驚きの声が上がるスタジオ。1回きりと思いきやレギュラーコーナー化してたらしいです…
鈴木雅之のBGMに合わせて、全国の鈴木という苗字にまつわるいろんなニュースを紹介していきます。
週間斎藤ニュース、田淵ニュースなども今後やっていこうという発言も。

 

時間帯別ラジオ

こちらもまだ1回しかやったことありませんが、一応紹介されました。
全国21局ネットで配信されているこのラジオは局によって放送される時間が異なります。
その時間帯に見合った内容を自分たちで考えて一人一人それぞれ発表していきます。別名1人コント

斎藤さんの大坂なおみのモノマネがツボだったらしく、マネし始める田淵。

 

メッセージ紹介

このラジオのメインコンテンツ。リスナーからのお便りを紹介します。
でも数はそんなに紹介しなかったり、内容が雑だったりとバラつきが大きいコーナー。笑

過去には30分延々とおたよりだけを紹介する回もありました。

 

斎藤宏介のcheck it show!

そして最後、大トリ。
メッセージ紹介がメインコンテンツであれば、そのライバルコーナーという貴雄。別名チキショータイム

リスナーが感じる鬱憤を斎藤さんがギターをかき鳴らし、「チキショータイム」と歌いながら紹介していくコーナー。
このラジオコンテンツの中で最も人気があります。

全然モテない自分がなぜか、隣の家のオスのみに、発情される。

 

1つメッセージを紹介し、すぐ(30秒ほどで)終わるから毎週定番化してほしいという田淵。
でもマンネリ化したくないので他にバリエーションが欲しい斎藤さん。

すると次のメッセージはなぜかサザンオールスターズのLOVE AFFAIR秘密のデートを弾いて桑田佳祐のモノマネをしながらメッセージを読み上げることに。

妊娠してないのに、電車で席を譲られそうになりました。

もはやチキショータイムすら言っておらず、全く別物のコーナーに
貴雄のよくいきなり弾けたなという発言に「好きな曲だったから練習してた」と返す斎藤さん。
最後の最後でようやくミュージシャンっぽいラジオとなったのでした。

 

BGM
シュガーソングとビターステップ – UNISON SQUARE GARDEN

 

エンディング

BGM
未完成デイジー – UNISON SQUARE GARDEN

 

スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です