【旅行記】イギリス・フランス周遊7泊9日の旅(2日目)大英図書館・お買い物

スポンサードリンク




【旅行記】イギリス・フランス周遊7泊9日の旅(1日目)ロンドン到着・大英博物館

 

イギリス2日目。
この日は当初、グリニッジを訪れる予定でした。

「予定だった」というのは、この日はグリニッジには行かず別の予定を組みました。
理由はグリニッジに向かう電車がオルドゲート駅(Aldgate)で止まって動かなくなってしまったこと、更にその後ものすごい突風と大雨が降ってきて遠出するのが困難になったためです。
(案外グリニッジはロンドンから遠い)

 

というわけでこの日はホテルから徒歩圏内の大英図書館と、もしも晴れてきたら買い物をしに行くというプランに変更。

 

オルドゲート駅から一旦キングズクロス(King’s Cross)駅へ戻り、徒歩で大英図書館へ移動。
写真はキングズクロスの隣のセントパンクラス(St Pancras International)駅。

 

大英図書館。
突風と雨だったにも関わらず、外の入場待機で5分ほど待ちました。

入り口では荷物検査が行われています。入場料は無料。
お手洗いもとても綺麗です。

 

有名な、本のタワー。(GoProMAXの超広角で撮影)

ダヴィンチが実際に記したものやビートルズの手書き譜面などの展示もあり(撮影不可)、1時間ほど満喫しました。

 

大英図書館を出た後は徒歩でホテルに戻りつつ(歩いて10分ほど)、偶然目に入ったレストランで昼食。
BON VIVANTというフランス料理屋だそうです。

 

ここで食べたハンバーガーが本当に美味しかったです。ちなみに出てくるお水も軟水なのでゴクゴク飲めます。
近辺にお立ち寄りの際はぜひ訪れてみてください。

 

お腹を満たした後は一旦ホテルまで戻って休み、その後すぐ晴れたのでお買い物に出発。
9時半にホテルを出発し、11時に大英博物館に到着し、12時すぎに昼食。この時点で14時頃です。

この日は午前が強風+大雨で寒すぎたのですが、午後は風は止み晴のち曇りという天候に。
ヨーロッパの天候の変わりやすさを、身を以て感じました。

 

ホテルで休憩したあとは、行きたかったヴィヴィアンウエストウッド本店へ。
場所はオックスフォードサーカス(Oxford Circus)駅から歩いて10分ほどの場所。

この日は大雨だったのであまり他に人も来なかったこと、偶然ですが日本人のスタッフがいたこともあって気軽に買い物できました。(現在日本人スタッフが2名在籍とのこと)
いつかまたロンドンに行くことがあれば、このときのスタッフさんにもお会いしたいです。

 

ちなみにこの辺の通りは、ハイブランドたちがひしめき合っているロンドン1のブランド通り。
建物がオシャレなので歩くだけでも楽しいです。
ロンドンは治安が良いので大丈夫だとは思うのですが、もしスリに遭ったらと思うと怖くて買った物はコートの下にずっと隠してました。笑

 

ずっと歩いていたら暗くなってきたので夕食。
お昼に食べたハンバーガーがかなりの量だったので、夕ご飯はカフェでいいということでカフェへ。

訪れたお店の名前は「Richoux」

 

レストランとカフェが一緒になっているところみたいで、内容が豪華。
カフェとバーを足したような雰囲気です。

 

お手洗いは地下にあります。地下へ降りる階段。
とても綺麗でした。

 

ジャムとバターが付いたスコーン、ティーを注文。
机の上にはローソクもあり、とてもおしゃれな雰囲気でした。

また訪れたいお店です。

 

 

帰りはグリーンパーク駅まで歩いて、ホテルのあるラッセルスクエア駅まで乗り換え無しで戻りました。

この日は夜8時前には帰宅し、9時過ぎごろに就寝。
朝は台風のような天気でしたが、昼過ぎからは穏やかな曇り空に。ヨーロッパの気候の変わりやすさを体感しました。

翌日は3日目にして、ロンドンほぼ最終日です。

 

スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です