2019年版長袖エアリズムを購入しました。前年のものと比較。

スポンサードリンク




ユニクロオンライン限定で発売されている長袖エアリズム
年に数回しか生産しないため早く通常販売に加えてほしいと熱望しているのですが、最近待望の2019年モデルが発売されました。

少し改良が加えられたそうで、見た目や使い勝手に多少変化がありました。
昨年からエアリズム愛用家となった私が早速新モデルを購入してきましたので、どの部分がアップデートされたのかご紹介します。

 

エアリズムクルーネックT(長袖)

今回私が購入したのは、クルーネックのブラック。
見た目は前年のものと比べると大きな違いはありませんね。

HPではTシャツのように着られる長袖が登場、と書かれており、インナーというよりはTシャツぽい見た目に変化しています。
でもいざ届いて見てみるとパッと見インナーですので、間違ってもこれ一枚で外出はしないように。

とても細かい変化なのですが商品名は昨年エアリズム9部丈として販売していましたが、エアリズム(長袖)へ変わりました。

 

アップデートポイント

首元

(左:2019    右;2018)

以前のと比べると、今年のは首元のリブが太くなっています。
シャツの下から見えてもいいように設計されたそうで、実は今回半袖のものもアップデートされてこの太いデザインになりました。

 

(左:2019    右;2018)

昨年はリブだったのが、今年リブ無しに。
リブが無い方が普段使いに適していると感じたので、このアップデートは◎

 

質感

以前のものと比べると厚手になったそうですが、肌触りの良さなどは変わりません。
たしかに触ってみると今までのものと違うのかな?と感じてしまいますが、着心地はエアリズムそのものです。

 

その他

サイズ感はこれまでのものと同じです。
参考までに私は170cm細身でMサイズを購入。袖の長さも、大きさもちょうど良かったです。

バリエーションは今回購入したクルーネックの他に、Vネックがあります。
カラーはホワイト・ブラックの2色展開。
値段は税抜き990円。

 

感想

ここまで昨年との違いを述べてきました。大きな違いは首元と手首。
人によっては好き嫌いあると思いますが、私には今回の手首のアップデートが好評でした。もしかしたら今後買い替え用に買い足すかもしれません。

昨年まで購入していた方の参考になれば幸いです。

 

【商品レビュー】長袖のエアリズムはオールシーズン使える、おすすめのインナー

スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です