UNISON SQUARE GARDENのフルPV収録DVDまとめ

スポンサードリンク




【追記】2019年1月16日(水)よりiTunes Store、レコチョクなどでフルPVが販売開始となりました。
(それまでは一部曲はフル公開でしたが、これに伴い全てshort Ver.になりました。)

UNISON SQUARE GARDENは今時珍しい、PVをフルで公開しないアーティストです。
ではそのフル尺のPVはどこで見れるのか。彼らはPV集などを発売しておらず、フルPVはリリースするCDの初回特典としてDVDに収録されるることが多いのです。

今回は数多くあるPVの中から、それぞれどのCDの特典として収録されているのかをまとめました。

インディーズ〜4thシングル(3rdアルバム)

実はインディーズ期に制作されたPV『水と雨について』から、メジャー4thシングル『スカースデイル』までのPVはyoutubeにてフル尺公開されています。
(追記 PVのDL販売開始に伴い、水と雨について以外short版に変更)

田淵さん曰く「無料で聴ける線引きはここまで、あとはちゃんとCDを買ってほしい」という意図があるそうです。
これ以降、「オリオンをなぞる」からの新曲はshort.verとなります。

水と雨について

インディーズの頃に制作されたものなので、アップロード元がユニゾン公式アカウントではありません。
モノクロのPVとなっており、別の曲ですがフルカラープログラムの歌詞「モノクロでは説明できない」そんな何かがこの映像に詰まっているような気がします。

センチメンタルピリオド

メジャー1stシングル(1stアルバム収録)となり、メジャーデビュー後初のPV。
水と雨についてが黒のイメージなら、こちらは白。

最後には全員が白い衣装に色を付け、これから様々なことを吸収してくかのような表現がされています(色が付いていく?)。

MR.アンディ

即、色が付くユニゾン

こちらはインディーズ時代のものではなく、メジャー1stアルバム収録の -party style-

マスターボリューム

2ndシングル。現在もライブで演奏されることが多い人気曲です。
家の部屋で撮影されており、センチメンタルピリオド同様動ける範囲が狭いので田淵さんが窮屈そう。笑

cody beats

3rdシングル。ついにPVにCGが使われ始めます。
この曲は日比谷野外音楽堂で演奏されたライブ版も公式で公開されています。

UNISON SQUARE GARDEN「cody beats」Live Version

スカースデイル

斎藤さん初の作詞作曲。
このPVに登場するキャラクターはデイルくんと言い、現在ではユニゾンの公式キャラクターとしてグッズやファンクラブの動画などにも登場しています。

5thシングル(3rdアルバム)〜 4thアルバム

これ以降はPVがショート版になったり、ライブのフル版が上がったりと様々になっていきます。

まずは4thアルバムまでの曲を紹介。

オリオンをなぞる

5thシングル『オリオンをなぞる』。
アニメタイアップが付きユニゾンが広く認知されるようになった曲。

PVはショート版がアップされていますが、実はフル尺で公開されているライブ版がいくつか存在します。
元のPVのフルはDUGOUT ACCIDENTの完全生産限定版DVDで見ることができます。

UNISON SQUARE GARDEN「オリオンをなぞる」Live Version at 日比谷野外大音楽堂

UNISON SQUARE GARDEN「オリオンをなぞる」LIVE MUSIC VIDEO

未完成デイジー

https://www.youtube.com/watch?v=eukEqS8XWrU

(追記 PVフルDL販売開始につき、ちゃんとしたPVでないこちらは削除された様子)

3rdアルバム『Populus Populus』収録のアルバム曲。
未完成デイジーのスタジオ収録の模様をそのまま映像にしており、アルバム発売前のPRとして制作・公開された模様。

元の曲は5分ほどですがこの映像のために2分の長さに編集されているため、フル尺のPVは無し。

流星のスコール・さよならサマータイムマシン

6thシングルの表題曲と、カップリング。
ユニゾンのカップリングでPVが制作されているのは現時点で『さよならサマータイムマシン』のみ。

こちらもオリオンをなぞると同じく、DUGOUT ACCIDENTのDVDでフル尺のPVが見れます。

UNISON SQUARE GARDEN「さよならサマータイムマシン」MV(Short Ver.)

リニアブルーを聴きながら

オリオンをなぞるに続き、ユニゾン2度目のアニメTIGER&BUNNYとのタイアップ。
こちらのフル尺はシングル『リニアブルーを聴きながら』初回盤のDVDに収録されています。

おまけにPV撮影時のメンバーソロショットが収録されており、通常のPVだけでなく「斎藤ソロPV」「田淵ソロPV」「貴雄ソロPV」の4バージョン収録という豪華な内容。
ちなみにカメラ固定のためか、田淵さんのソロPVは何度も画面から見切れそうになる。

5thアルバム

桜のあと(all quartets lead to the?)

アニメ「夜桜四重奏」オープニングテーマ。
桜から赤を連想させるのか、メンバーの衣装も赤と黒で統一されています。

PVフル版はシングルの初回盤DVDに収録。

harmonized finale

TIGER&BUNNYと3度目のタッグ。この曲でMステに初出演します。
PVはシングルの初回限定版のDVDに収録。

天国と地獄

スカースデイル以来の、物語調のPV。斎藤さんのポリープ復帰後初のPV撮影で気合が入りすぎたのか、髪型が短髪パーマに(実際は不明)。

DUGOUT ACCIDENTの完全生産限定版DVDに収録。
ちなみにライブ版専用のイントロが入ったライブPVも存在します。

UNISON SQUARE GARDEN「天国と地獄」LIVE MUSIC VIDEO

6thアルバム・ベストアルバム

シュガーソングとビターステップ

言わずと知れた代表曲。
リズム隊2人がモノトーンで画面が暗めなため、斎藤さんの黄色いシャツがとても目立つ。
登場する女の子が可愛らしいPVです。

DUGOUT ACCIDENT のDVD特典として収録。

UNISON SQUARE GARDEN「シュガーソングとビターステップ」LIVE MUSIC VIDEO

徹頭徹尾夜な夜なドライブ

ベストアルバムから唯一のPV曲。

実は未だにDVD収録されておらず、フル尺はネットでの期間限定公開時かスペシャなどのMV特集でないと見ることができません。

パンデミックサドンデス

ユニゾン初のドラマタイアップ主題歌。
ライブ映像をメインに制作されており、フルPVは未だどこにも収録されていません。

アトラクションがはじまる(they call it “NO.6″)

デイルくん再登場PV。
この曲が出たあたりから色んな人がデイルくんを思い出し、ユニゾンの公式キャラになるための道のりを歩み始めます。(それまでの公式キャラクターはしょくぱんくん)
衣装はアルバム発売頃のアー写と同じ。

フルPVはInvisible Sensationの初回盤DVDに収録。

mix juiceのいうとおり

上から見渡すようなアングルのPV。
冒頭に写っている手は、ユニゾンの入場SE「絵の具」のイズミカワソラ本人です。曲自体にもコーラスと伴奏で参加していますが、PVでも待望の共演となりました。

公式がライブ映像を上げているので、フルで聴くことができます。
PVのフル尺はInvisible Sensationの初回盤DVDに収録。

「mix juiceのいうとおり」from UNISON SQUARE GARDEN TOUR 2016 Dr.Izzy at Yokosuka Arts Theatre 2016.11.21

7thアルバム〜

10% roll, 10% romance

TVアニメ「ボールルームへようこそ」1クールOPテーマ。

靴だけが踊っている様子は、緑の全身タイツを着たダンサーに踊ってもらって撮影したようです。
フルPVはInvisible Sensationの初回盤DVDに収録。

Invisible Sensation

「ボールルームへようこそ」2クール目のOPテーマ。
同じアーティストが2クール連続でOPを務め、別の曲が主題歌に選ばれるのは珍しいことですね。

音楽番組出演風のPVで、10%とはまた違った感じになっていますね。
フルはシングルの初回盤DVDに収録。

fake town baby

アニメ「血界戦線」第2期OPテーマ。
前回はEDでしたが今回はOPということで、疾走感ある重い曲となっています。

炎に包まれながら演奏する様子は今までのユニゾンに無いMVとなりました。
リリース後間もないためか、フルMVは未だDVDなどに未収録。

君の瞳に恋してない

一発撮り風のPVで、ユニゾンファンの中でかなりの人気があるPVです。

一発撮りに見えますが、実際には二発録りとのこと。
一番の見所はトランペットを持った田淵さんが微動だにしないところだと思っています。(貴雄さんはずっとプルプルしてました)

春が来てぼくら

アニメ「3月のライオン」OPテーマ。
春をテーマにした曲のため、PVも基本的に淡くて明るい色味。水と雨についてから比べると随分色が付きましたね。モノクロからフルカラーへ。

フルPVは初回版のDVDに収録。

Catch up, latency

アニメ「風が強く吹いている」OPテーマ。
センチメンタルピリオドの勢いを意識して作ったと曲だといい、PVもそれに合わせて作られているのでしょうか。
青空の下という点は一緒ですが、誰もいない草原から大勢の人がいる大都会へ。多くの人に知られた今の現状を表しているかのよう。

スポーツが題材のアニメのため、随所にそうした演出が見られます。謎のCGはご愛嬌

ショートバージョンですが動画は3分近くあるという大ボリューム。
フルPVは現時点では未収録。

以上、PVが制作された全25曲をまとめてみました。
こんなに作られていたんですね…ぜひPV集作って欲しいものです。

スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です