【ライブレポ】Base Ball Bear Tour『LIVE IN LIVE 〜I HUB YOU〜』名古屋公演 (対バン:the pillows)【セトリ付】

スポンサードリンク




2018年11月11日、Base Ball Bearは結成17周年を迎えました。
そんな記念すべき日に名古屋で、対バンツアーのファイナル公演が名古屋にて行われました。

対バン相手はthe pillows
過去にSOLでの対談や、トリビュートへの参加で親交が深く、そしてベース関根さんが今回サポートを務めることでも話題になりました。

 

会場

今回の会場はダイアモンドホール。
名古屋ではZeppの次に大きなライブハウスで、ベボベが名古屋でやるときの主戦場となります。

前回のLIVE IN LIVEは名古屋クアトロだったのでチケットは即日ソールドアウト。
今回もソールドアウトということで、白熱したライブが予想されました。

 

開演

the pillows

18時01分 the pillowsのライブがスタート。
開演時間とほぼ同時に場内が暗転し、SEと共に入場。

全員が定位置に付いたあとボーカルの山中さわおさんが今回サポートを努める関根さんと握手を交わし、ライブがスタート。
初めの一音を鳴らした時から笑顔の関根さん。

1曲目にI think I can、2曲目にRide on shooting starを披露。
関根さんは1曲目からいきなりコーラス参加。完全にピロウズの一員と化しています。
私はthe pillowsは初見で有名曲しか知らなかったのですが、いきなり序盤から心を撃ち抜かれました。かっこよすぎる…

最初のMCでは、今日がベースの日であること、ベボベ結成日であることに触れます。
ベースの日にベース会のファイターガールがサポートしてくれる!と盛り上げてくるさわおさん。

またこの日は関根さんがリクエストした曲が多く盛り込まれているそうで、次に演奏されたのはこれまた有名曲カーニバル、STALKER
私は完全にフリクリでの知識がほとんどなのですが、「あ、この曲知ってる!」というのが多いのは29年活動してきた努力の賜物なんだなぁと実感。

最新曲ももちろん披露し、最新アルバムからニンゲンドモを演奏。

2回目のMCでは「今日ピロウズの客は20人くらいしかいないらしい」と自虐し(絶対そんなこと無いですが)、「しかもそのピロウズファンはずっと詩織ちゃんを見てる」と笑わせてきます。
ちなみに関根さんは大のピロウズファン。横でさわおさんのタオル拭きを見て「最高の景色です」

この日関根さんが着ていたのはピロウズの次期ツアーのTシャツということでまだ世に未発表のものでした。
「世界で最初に着させてもらいました!」と感激。

続いて、フロント全員が弦楽器を縦に構える姿が印象的な(絶対関根さんがリクエストしたであろう)Calvero、最新曲で劇場版フリクリの主題歌でもあるSpiky Seedsを演奏。
新旧2曲がせめぎ合う様はピロウズの年月の深みを感じさせます。

今回の関根さんのサポートについて、ドラム佐藤さんは「(サポートしてもらえて)29年間やってきてよかった」、ギター真鍋さんは「僕はいつもスタジオに結構早めに入るんですがそれよりも早くきていた(曰く、いてもたってもいられなかったとのこと)」とコメント。
またこのメンバーでいつかやりたいと思います!とさわおさんが言い残し、ライブはクライマックスへ。

 

待ちわびていたハイブリッド レインボウは終盤で披露。
Sleepy Headでは関根さんが積極的に前に出てくるなど、ギター2人に負けないほどの運動量。

最後のLocomotion, more! more!では関根さんも合わせて全員で「5 4 3 2 1!」と掛け声するなど、最高の盛り上がりを見せました。

演奏後全員がステージ裏にはけていく中、一番最後にステージを後にした関根さん。

念願のサポートに、またどこかでやりたいという言葉、結成17年目最高の日となったのではないでしょうか。
ベボベは今日で17年、ピロウズは今年で29年ととても縁起が良い中での対バン。

 

18時48分 the pillows 終了

セットリスト

I think I can
Ride on shooting star
(MC)
カーニバル
STALKER
ニンゲンドモ
(MC2)
Calvero
Spiky Seeds
(MC3)
サードアイ
ハイブリッド レインボウ
Sleepy Head
Locomotion, more! more!

 

 

Base Ball Bear

19時09分 スタート

一曲目はドラマチック、二曲目はとPERFECT BLUEと、大阪公演と比べてセットリストの大きな変更は無い様子でした。

MCでは名古屋のお客さんが堀之内さんへの声援が多いことに触れ「全国の堀之内ファンがここに集まってるの!?」と戸惑いを見せる場面も。
またピロウズのファンがバスターズと呼ばれていることから、これらを堀之内バスターズと命名。

小出さんはピロウズをアマチュア時代に一度だけコピーしたことからあるようでしたが、今日で関根さんが一時的にピロウズの一員になったことを感慨深く思いつつ、彼らに負けないようなライブをするように気を引き締めます。

 

2度目のMCではこの日で17周年を迎えたことについて。

小出「17年前は男装して体育館で弾いていた関根が、今こうして堂々と演奏しているなんて」
関根「自分なんてクソだと思うこと何度もあるけど、続けてきてよかったー!」
堀之内「もうこのバンド、人生の半分越えてきてるよ!」

感想は三者三様。そして、ここでI HUB YOUツアーについての説明などをしていました。

「次に演奏するのはインディーズ時代に親交が深かった12月8日というバンドの思いを継いで作った曲です」
と言って演奏されたのは short hair

変わり続ける君を 変わらず見ていたいよ

この17年でベボベの身の回りはいろんなものが変わりましたが、それでも我々ファンは変わり続けるベボベをこれからもずっと見ていたい。
ファンの思いや気持ちががそのまま反映されたかのような選曲に感じられました。

最後はバンドがこの日で17歳ということで、披露されたのは17才

この曲が作られた当時は、ライブの最後に披露される日が来るとは思わなかったことでしょう。
堂々とした演奏を終えてステージを後にしました。

20時12分 ライブ終了。

 

アンコール

20時15分アンコール開始

ベボベのメンバーが再登場しここからはキュウソネコカミの時と同じようにゲストとのセッション、としてステージに呼び込んだのは山中さわおさん。

打ち上げよりも先にビールを飲み始めて少し顔が赤くなりながら「小出くんギターすごいうまいんだね!」「どこのバンドでもドラムは同じような(雑な)扱いなんだね!」と場を盛り上げる。

さわおさんがピンマイクを握り、演奏されたのはFunny Bunny
過去にピロウズトリビュートアルバムで参加した時の曲を本人の前で、本人と共に演奏。

ベボベがカバーしたバージョンで披露されたので原曲よりBPMは少し早め。
カバー当時の対談では自分たちなりにいじってトリビュートさせてもらった、と語っていたこの曲。きっとこの日ベボベを知らなかったピロウズファンの心を鷲掴みにしたことでしょう。

さわおさんとのセッション終了後は新作と新ツアーの告知

1月30日に自身の新レーベルより4曲とLIVE IN LIVE日比谷公演のライブ音源がセットになったe.pが発売、そしてリリース直後の2月3日より次のツアーが開始とのこと。

2曲目のアンコールではそのe.pの中から新曲・試されるを演奏。

ミドルテンポの四つ打ちで、サビでの「試される 試される」という歌詞が頭に残るような曲でした。

20時36分アンコール終了。

 

アンコール終了後は拍手が鳴り止まず、大阪公演と同じようにすぐさまWアンコールが開始

20時37分 Wアンコール

最後は祭りのあとで会場を熱狂に包み込み、ステージを後にしました。

20時42分 終演

 

セットリスト

ドラマチック
PERFECT BLUE
(MC)
SHINE
LOVE MATHEMATICS
君はノンフィクション(チャップマンスティック)
(MC2)
short hair
Tabibito In The Dark(イントロ、アウトロ長め)
The Cut(3人編成)
yoakemae
17才

アンコール
funny bunny(ベボベカバー版、with山中さわお)
試される(新曲)

Wアンコール
祭りのあと

 

 

終演

大阪公演に続いて今回2度目のライブでしたが、関根さんのサポート、記念日ライブ、新曲・新ツアーなどの告知と盛りだくさんの内容でした。

次回ツアーは名古屋公演が3月10日にあるとのことです。
会場はまたもやダイアモンドホール。ぜひまた参加したいと思います。

 

これまでのツアー↓

Base Ball Bear Tour『LIVE IN LIVE 〜I HUB YOU〜』なんばハッチ公演(対バン:キュウソネコカミ) に行ってきた。

 

Base Ball Bear Tour 「LIVE IN LIVE」 梅田クラブクアトロ公演 に行ってきた

 

Base Ball Bear Tour 光源 なんばハッチ公演に行ってきた

 

スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です