【金銀クリスタル】徘徊ポケモン(エンテイ・ライコウ)の捕まえ方

スポンサードリンク




ポケットモンスター クリスタル
2000年に発売された金銀のマイナーチェンジであり、スイクンがパッケージを飾っています。
この作品では金銀では逃げ回っていたスイクンと逃げずにバトルをして捕まえることができるのですが、残りのエンテイ・ライコウはジョウト地方の草むらをくまなく逃げまわります。

私は最近VC版のクリスタルを購入し、当時小学生だった自分では達成できなかったことをやろう!と意気込んでいたのですがこの二体を捕まえるのは本当に骨が折れました…
そんな二体のゲットの記録を、自分の備忘録としてここにまとめておきたいと思います。

 

金銀クリスタルにおけるエンテイ・ライコウ・スイクン

赤緑青ピカチュウの続編として発売された金銀クリスタルでは、前作には無かった徘徊ポケモンが追加されました。
エンテイ・ライコウ・スイクンの三匹がジョウト地方の草むらを動き回り、ランダムで出現するようになります。

これが本当に辛く、ほとんどの場合出会ってすぐに逃げられます
当時小学生だったり小さかった方は、捕まえるのが難しすぎて挫折してしまった方が多かったのではないでしょうか。私もその1人です。
バッジ16個集めてレッドも倒してホウオウやルギアは捕まえているのに、エンテイ・ライコウ・スイクンはずっとジョウトを徘徊したままでした。

 

エンテイ・ライコウ・スイクンの習性

1 基本的にまず逃げる

出会った際、向こうが選択するコマンドはまず「にげる」です。
ですので出会ったらすぐ「くろいまなざし」を使って逃走を封じなければなりません。

 

2 全員「ほえる」を覚えている

逃走を封じ、よし捕まえよう!となるも三匹とも戦闘が強制的に終了する技「ほえる」を覚えています。
これを使われたらやり直し、また出会うところから頑張りましょう。

ちなみに「ほえる」は避けることができ、命中率を下げたり回避率を上げたりすると当たらなくなります。

 

3 眠らせる

くろいまなざしを使って逃げられなくしたら、すぐに「さいみんじゅつ」などで眠らせて相手の行動を封じましょう。
眠らせ、HPを削り、ある程度までいったらハイパーボールを使って捕まえます。

 

ただしライコウは…

まず結論から言います。ライコウはマスターボールで捕まえました、ごめんなさい。
なぜかというとライコウはバグにより、こちらの方が素早さが高いにも関わらずたまに逃げられてしまうことがあるからです。

これはライコウがでんこうせっか(優先度が+1される攻撃技)を予め覚えていることから起こったバグらしく、この技を覚えていないエンテイや金銀のスイクンにはその症状が見られないそうです。

ですからごく稀に優先度+1の逃げるコマンドを使ってくるライコウを捕まえるのは相当骨が折れる作業であり、ねむり状態から起きたあと再度眠らせる際に逃げられてしまう可能性があるのです。

ということで今回ライコウにはマスターボールを使用しました。本当にすみません。
ですが運良く逃げられなかった場合基本的な捕まえ方は三匹全て同じですので、参考にしてください。

 

捕まえるための手順

手順1 まずは図鑑登録

図鑑に登録したら、そのポケモンが現在どこの草むらに生息しているか分かるようになります。
とにかくまずは出会いましょう。

私はエンジュシティー38番道路を往復しまくりました。
レベル30以上~39以下のポケモンでゴールドスプレーを使い、ひたすら草むらを徘徊しましょう。
運が悪かったのか、エンテイたちと出会うのに2時間くらいかかりました。

 

手順2 捕獲用ポケモンの準備

今回捕獲用に選んだのはルージュラです。
素早さの種族値は三匹に劣りますが、努力値を調整すればレベル39以下でもこちらが先手を取れます。

本来なら素早さが高いゲンガーが最もオススメなのですが、周りにVCクリスタルをやっている友達がいなかったためにルージュラになりました…
周りに通信交換してくれる方がいたらゲンガーを使いましょう。
ちなみにゲンガーの進化前ゴーストはルージュラと素早さ種族値が同じなので、好みの方を使いましょう。

 

私が今回用意したルージュラはレベル38。
アンノーンを100体近く倒し素早さ努力値をかなり上げました。

 

実際に捕まえたエンテイレベル40の能力値がこちら。
素早さ種族値の比較がこちら。ライコウが高すぎる。

素早さ種族値

ルージュラ95
ゴースト95
ゲンガー110

スイクン85
エンテイ105
ライコウ115

 

そしてルージュラの技構成は以下の4つ

あくまのキッス
くろいまなざし
こなゆき
れいとうパンチ

下2つは相手のHPを減らす攻撃技です。1つでも良かったような気がしています。
今もう一度同じことをやるなら「こなゆき」を忘れさせて「かげぶんしん」を覚えさせるかと思います。
積んでおけば「ほえる」も避けられますし。

 

手順3 出会って戦闘

ここまでで準備は完了。いよいよ実戦です。
育てたレベル39以下のルージュラを先頭に置き、エンジュシティー38番道路を行き来します。

図鑑を開いて徘徊ポケモンが道路に現れたらスプレーを撒き、草むらに飛び込みます。
現れたら戦闘開始です。
ちなみに草むらは3週ほどしておくと安心。

 

基本的な戦闘手順は

「くろいまなざし」で逃走を封じる
→「あくまのキッス」で眠らせる(ここで技が外れて「ほえる」を使われたらやり直し)
→ヨクアタールを使って次回以降の「あくまのキッス」を必中にしておく
→HPを削る(起きたら眠らせる。ほえる使われたらやり直し)
→ハイパーボールを投げまくる
→起きたら眠らせる、を捕まえるまで繰り返す。

向こうが起きたら再度あくまのキッスで眠らせ、ハイパーボールの連打。
ほえるを使われたら、見つけるところからやり直しという繰り返し。

削ったHPは次回以降も持ち越しになるので、一度削ったら無駄にはなりません。
ルージュラがやられそうで不安だと思ったらたべのこしなどを持たせておいたり、ディフェンダーなどを使いましょう。
かげぶんしんを限界まで積んでおくとほえるを避けることもできます。

 

というわけでお疲れ様でした。
この記事を読んだ皆さんが、徘徊する三匹を捕まえられることを祈ります。

スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です