気に入ったら服があったら同じものを色違いで買っても良い話

スポンサードリンク




 

服を買いに見たとき、たまに「この服色違いでそろえたいな」と思ったりすること、ありますか?

私ももちろんありまして、そんなときは迷わず色違いで購入するようにしています。

でも「色違いで買ったら『同じ物しか着てない』とか言われないかな」「色違いで買って後悔しないかな」「本当に使うだろうか」など色々な気持ちが後押しされ、購入をためらってしまうことがあると思います。

 

気に入ったなら買っても良い

最近読んだ、ミュージシャン 野宮真貴さんの著書『おしゃれはほどほどでいい』に次のようなことが書かれていました。 

 

自分に似合う服に出会ったなら、どうぞもう1着、色違いで買い揃えてください。
私は似合う、好きな形の服に出会うと、すべての色を買いたくなります。
同じ型の洋服を2着買うことに抵抗がある人が多いようですが、似合う服に出会うという幸運に恵まれたのですから、そのチャンスを広げましょう。

(おしゃれはほどほどでいい 『気に入ったら色違いで揃える』より引用)

お気に入りの服、というのはそう簡単に出会えるものではありません。

偶然の出会いを大切にしてみましょう。

 

お気に入りのアイテムなので後悔はしない

お気に入りの服があって、それを着ていると心から楽しく(または安心でき)幸せなら、それこそがあなたのスタイルなのですから、究極は毎日同じコーディネートで過ごしてもいいと思います。
(だから、毎日ワンピースでもいいと思うのです!)。

(おしゃれはほどほどでいい 『いつも同じ服でもいい。』より)

 

お気に入りの服というのは着ていて毎日楽しいものです。

その日を最高に素敵な気分で過ごすことができるようになります。

好きなデザインの服を毎日着れたら、とても素敵だと思いませんか?

 

もちろん同じ色で数着購入してもかまいません。

「この柄と色で毎日過ごしたいんだ!」と思えば、沢山購入しても良いと思います。

ただし人によっては「毎日同じ服着てるように見えるけど、洗濯してるのかな…?」と思われるかもしれないので、そのときはちゃんと説明を…笑

 

他人の目を気にするよりも自分が「おしゃれ」だと思う服を着ればいい

本当におしゃれな人たちの中には、いつも同じ格好をしている人が少なくありません。

シンプルでも、自分のスタイル=その人らしさをよくわかっていて、自己を演出できる人がおしゃれな人なのです。

(おしゃれはほどほどでいい 『いつも同じ服でもいい。』より)

 

「おしゃれ」の感性は人それぞれです。

自分が気に入って沢山着るようになった服は、やがて自分のスタイルに進化していきます。

自分らしさをよく理解し、ファッションを楽しむことがおしゃれに繋がります。

 

まとめ

私は最近では好きなブランドMaison MIHARA YASUHIROにて同じ形で色違いのカットソーを購入しました。

とてもお気に入りで、今夏の土日は毎週この2枚のみで過ごしたいくらいです。

あと私は好きなアーティストのTシャツなどはあまり購入しないのですが、良いデザインのものがあれば違う色で2種類買ったりもします。

 

もちろん2種類とも交互にライブに着たりして楽しんでいます。

もしも気になる服を見つけ「色違いで購入したい!」と思ったときは、それはお気に入りの服と出会った証拠です。

お気に入りの服を身に着け、毎日を楽しく過ごしてみてください。

 

しかしお財布の中には、くれぐれもご注意を…笑

スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です