携帯のキャリアをドコモからLINEモバイルに変えました。手続きの手順と変更した感想

スポンサードリンク




8月上旬、長年使っていたdocomoからLINEモバイルへとキャリアを変更しました。

携帯の毎月の料金を下げたかったというのが大きな理由で、手続きもそんなに難しくないということなので先日変えてきました。

ちなみにこの手続きはネットからもでき、他には対応した電器屋などからでも開通することができます。

私はLINEモバイルを知り尽くしているプロから対面で説明を受けた方が安心だと考え、電器屋で直接申し込みしました。

そんなキャリア変更の一部始終をブログに書き残しておきます。

 

 

まずはドコモのMNP番号を発行

電話番号そのままにキャリアを変える場合は、MNP番号を発行する必要があります。

ドコモの店舗に出向くかサポートセンターの電話から発行することができます。

私は店舗に向かった日が大変混んでいたので(70〜90分待ち)電話で申し込みました。

説明などで約30分ほどの所要時間。

ちなみにMNP番号は口頭で教えてもらうためメモが必要です。

 

また、この番号が有効な期間は2週間となります。

これを過ぎると番号は無効となり、キャリア変更の際はもう一度同じ手続きでMNPを発行する必要があります。

 

 

MNP番号を持ってLINEモバイルへ

最寄りのLINEモバイルを取り扱っている店舗へ向かいましょう。

私はなんばのビックカメラにて開通。

18時とかに伺ったのですが待ち時間なくスムーズに案内されました。

 

 

LINEモバイルのプランを選ぶ

カウンターにて店員さんの説明を受け、どのプランが良いか決めます。

私はSNSカウントフリー3GBを契約。

プランはLINEモバイルのマイページから登録変更できるそうなので、足りなかったら5GBなどに変える予定です。

 

 

ちなみに7月よりソフトバンク回線が開通し、docomoとどちらか回線を選ぶことができます。

現在はソフトバンクを選ぶと大きなキャンペーンをやっていますので店員さん一押しのようでした。

開通したばかりなのでこちらの方が通信速度は速いみたいです。

 

でも私はdocomoの文字が名残惜しく、docomo回線を選びました。

docomoの呪縛…

 

 

MNP番号を伝えてSIM変更

プランを決めて店舗で個人情報やMNP番号を記入。

記入と書きましたがiPadで手続きをするので、正しくは入力でしょうか。

このとき身分証明ができるもの(運転免許証など)と月々の支払いのためのクレジットカードが必要になるので用意しておきましょう。

 

入力が終わると、回線変更のため20分ほどの時間がかかります。

すると元々差していたドコモのSIMが使えなくなり、新しいSIMに入れ替えて動くか動作確認して乗り換えは完了です。

(入れ替えや動作確認などは全て店員さんがやってくれました)

 

ちなみにここでSIMパッケージ代の支払いです。

私が行ったなんばのビックカメラではキャンペーンをやっており、3240円のところが1円になりました。

 

受付を始めてから全ての行程が終わるのに大体1時間ほど。

この短時間で乗り換えが完了しました。

 

 

ドコモからの乗り換えを終えて

ネットでLINEモバイルの手続きをすると全部自分でやらなければならないので大変ですが、店舗だとほとんどのことを店員さんがやってくれたのでとても楽でした。

乗り換えて2週間経ちましたが、使ってみた感想としてさそんなに大きな違いはありません。
12時と17時の時間帯(社会人の休憩の時間)が少しツイッターの画像の読み込みが遅くなるくらいですかね。

今は半年間料金が安くなるキャンペーンもやっていますので、乗り換えるなら今がおすすめです!

 

 

スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です