【商品レビュー】Jean Paul Knott 18AW リバーシブルフードコート

スポンサードリンク




9月29日、[ALEXANDROS]ボーカル川上洋平さんとJean Paul Knottのコラボ第3弾が発表されました。

 

2014年にワタリドリのPVで着用して話題になったのが、こちらのJean Paul Knottのフードコート。
そちらを川上さん自身が色を指定しカラーチェンジを行なったアイテムとなっています。

限定30着で、こちらは第2弾と同様青山店のみでの取り扱い。
前回同様、店舗に直接問い合わせれば通販も行なってくれるようです。

 

実はこのコートJean Paul Knottの定番商品で、毎年秋冬になるとカラーチェンジやアップデートを行なって販売されているようです。

今回はその定番アイテムである、リバーシブルコートの2018年秋冬モデルをご紹介。

 

Jean Paul Knott

ベルギー出身のジャン=ポール・ノットがデザインを手がけるブランド。
シンプルなデザインに流れるような曲線美を描くシルエットなど、着心地の良さを追求し美しいアイテムが多いのが特徴。

毎シーズンごとにテーマを決めるということはせず、トレンドに流されないシンプルなデザインを「長く使われる上質な素材で作る」ことを考えたブランドです。

 

日本での販売数は少なく、取り扱いがあるのは東京青山にある「Jean Paul Knott 青山店」のみ。
他には京都のトゥモローランドや大阪のうめだ阪急にてポップアップストアが展開されており、日本での取り扱いは少ないブランドとなります。

 

REVERSIBLE HOODED COAT

 

名前にもある通り、リバーシブルで使用できるのがこのコートの特徴。

毎年カラーチェンジされており昨年は黒×カーキ、白×グレーの組み合わせ。
今年販売されたものは黒×グレーでとても使いやすそうだったので購入を決めました。

 

背面から。
大きなフードがとても綺麗。

 

袖をまくると色違いの裏地が見え、とても可愛いですね。

 

 

グレーの方を表面に。

素材には上質なウールカシミヤを使用。
とても軽く、暖かい素材。着心地もとても良いです。

リバーシブルなので、Jean Paul Knottのタグや商品タグはポケットの中に。
グレーの面の左ポケット内にありました。

 

前で止めるボタンは無く、代わりに細い牛革のベルトが付属。
コート自体にベルトを通すような穴は無いのでそのまま腰に巻いて止めるみたいです。

ネットではこのフードコートはレディースのアイテムだと言われていますが、正しくはユニセックスのアイテム。
Jean Paul Knottのアイテムはワンピースやスカートなどを除いて、基本的にユニセックスで使えるものとなっています。
昨年の秋冬のLOOKでもこのコートはレディースとメンズどちらにも掲載されていました。

 

サイズは00〜3まであり、私はオーバーサイズで着たかったのでサイズ3を購入。
170cmでサイズ3だと丈はひざくらいで、袖は少し長め。

サイズ1などは小さすぎたわけではないのですが、着比べてみるとそれほど大きな違いがあるわけではないなと感じました。

 

今回川上さんとのコラボにあたってTOMOROWLANDのHPでは事前にサイズが公開されています。

■サイズ:1、3サイズ展開
(1サイズ:着丈/97.5cm、身幅/53.5cm、/ゆき丈88.5cm)
(3サイズ:着丈/101.5cm、身幅/59cm、ゆき丈/91.5cm)
■カラー:ネイビー×ブラック
■素材:ウール62%/カシミヤ21%/ナイロン12%/コットン5%/付属ベルト(牛革)

(引用:JEANPAULKNOTT × Yoohei KAWAKAMI

 

こちらの表を見ても、着丈が4cmほどの違いしかありません。
大きくなると袖は長くなってしまいますが、袖を少しまくって裏地を見せるのもおしゃれです。

 

とてもシンプルなシルエットで黒×グレーのモノトーンということから、色々なものと合わせやすいコート。

長く着れるアイテムを作るコンセプトのブランドなので、きっとこれから何年も長く着れるアイテムだと思います。

 

↓その他の川上さん着用アイテムはこちら

【商品レビュー】FIT MIHARAYASUHIRO 18AW Tucked Taolord Trousers

 

【レビュー】JEANPAULKNOTT × 川上洋平コラボTシャツ [SOUVENIR DE GOSSE NOBLE]

スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です