【購入レビュー】見た目に反して軽い、ミハラヤスヒロ×ECCO コラボスニーカー

スポンサードリンク




私の大好きなブランドMaisonMiharaYasuhiro
世界的に大人気のブランドであり、これまでにPUMAやディスクユニオンなど様々なブランドとのコラボアイテムを発表しています。

そんな中2019年の秋冬コレクションでは少し変わったスニーカーが登場し、どこのブランドとのアイテムか話題になっていました。
今回デザイナー三原さんがコラボに選んだアイテムは、デンマークのブランドECCOのアウトドアスニーカーであるエキソストライク(EXOSTRIKE)

少し変わったデザインかつ、とても目を惹くスニーカーでしたので「今季の主役はこれだ!」と思い購入。
本当にカッコいいので是非見て欲しい…

 

Maison MIHARA YASUHIRO for ECCO EXOSTRIKE

今回選んだのは黒ボディに、ソールが白のモデル。
オールブラックもカッコよかったのですが、今回はデザインを目立たせてみたかったため黒×白のモデルに。

 

開封の儀
eccoのスニーカーを買うのは初めてだったのですが、綺麗に包まれています。
シューズを入れるカバーが2つ付き、換えの靴紐(黒色)も付属していました。
箱の一部が凹んでいますが気にしない。

 

このスニーカーを象徴する大きなシュータン。
Maison MIHARA YASUHIRO
for “ecco EXOSTRIKE”
の文字がプリントされています。

 

ボディに使われているのは牛革(カウレザー)
エコーのレザー工場で開発したオリジナルのものを使っており、使い込んでいくとかなり味のある雰囲気が出てきそうです。

 

白いミッドソールに使われているのは軽量素材PHORENE(フォーレーン)
履いてみるとよくわかるのですが、大きな見た目に対してめちゃくちゃ軽いです。

 

アウトソールはグリップと耐久にすぐれるラバー素材を使用。
eccoのロゴも入っているなど、見えない部分にもこだわっています。

 

ラインナップは6ホールのもの(シューズタイプ)と、8ホール(ブーツタイプ)の二種類。
私が今回選んだのはブーツタイプ。秋冬ってブーツを買いたくなりますよね。
店員さん曰く、靴紐は結ばずにそのまま垂らしてもキマるということです。

シューズのサイズは25.0〜25.5のものをよく履いており、今回はサイズ40(25相当)をセレクト。
39も履けたのですがあまりにもピッタリすぎたのと、39以下はレディースサイズになるためボディがほんの少し小さくなってしまうことからこのサイズに落ち着きました。

 

値段は、今回購入したブーツタイプが税抜き44,000円。(シューズタイプは税抜42,000円)
少々値段は張りますが、本当にカッコいいスニーカーです。

少量生産でとても数が少ないアイテムですので、気になった方はぜひ実物をご覧になってみてください。

 

スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です