スーツの下に着るのにおすすめのインナーたち特集(エアリズム、無印インナー、ZOZOHEAT)

スポンサードリンク




日本は四季があり、気温の変化が年中通して変動する国です。
日々移り変わる気温などに対応した服を着るのはとても楽しいですが、年中スーツで働いているサラリーマンはインナーで季節の変化に対応しているかと思います。
スーツはインナー1つで快適に過ごせるかが変わる衣服です。
私がこの1年間で実際に着て試し、良かったインナーをご紹介します。

 

エアリズム

エアリズム シームレス ベージュ

適した季節:春~秋

ワイシャツを着る方必須のアイテムが、こちらのシームレスタイプのエアリズム。
切りっぱなしのデザインにベージュを選ぶことで、インナーが全く目立たなくなります。
さらりとしているので着心地も抜群。

化学繊維が主ですので肌に合わないという方もいるかもしれませんが、そうでない方は是非手に入れて欲しいインナーです。

 

エアリズム 長袖

適した季節:真夏以外

長袖タイプのエアリズム、本当におすすめです。
春秋はちょっと寒い日にも使いやすいですし、梅雨時や夏は袖が長いので腕周りがベタ付かない。
冬は室内に暖房が効きすぎるときなどは汗を吸ってくれるので、年中通して使えます。

ただ長袖はオンラインストア限定で、たまにしか販売されないのが難点。
入荷されたら即買い推奨です。

 

エアリズムステテコ

適した季節:春、夏、中秋

私はスラックスの下には、冬はタイツ、それ以外の暖かい時期や真夏はこのステテコを必ず履いています。
頻繁に洗えないスラックスは下着の上に一枚挟むことで、汗などによる汚れの防止にもなります。

このエアリズムステテコはとにかく着心地が良く、さらりとしていて履いていることすら感じさせないほど。
この効果を実感できるのが特に夏。汗を吸ってくれるので快適に過ごすことができます。

 

無印良品

綿であったかインナー

適した季節:冬

真冬の寒い日にはエアリズムではなく、こちらのあったかインナーを使います。
綿とウールですので肌に優しく、とても暖かい。
冬といえばヒートテックとも言われますが、私はそれではなくこちらを愛用しています。

サイズは身体にぴったりなものを選ぶと保温効果があり、おすすめです。

 

綿であったかタイツ

適した季節:晩秋、冬、初春

スーツのスラックスって冬だとちょっと寒すぎます。
そこでおすすめなのがこちらのタイツ。肌に優しい素材ですので、着心地抜群。
日常生活でも、寒い日には私服やウインタースポーツにも使えるので重宝します。

以前はユニクロのヒートテックタイツをメインで使っていたのですが、肌が荒れてしまった過去があるのでこちらを着用。
肌荒れなく快適に過ごせたので、本当におすすめです!

 

ZOZO

ZOZOHEAT COTTON

ゾゾタウンから発売されている冬用のインナー。
購入時に身長体重を入力することで自分に最適なサイズが届くという、画期的なアイテム。
無印のあったかインナーと比べて、首元も少し広くなっているのが特徴です。

サイズは1000パターン以上ありますので、無印良品のインナーが合わなければこちらをおすすめします。

スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です