【感想】ウルサマ 2022 2部ライブステージ「デッカーイントゥスペース」

  • URLをコピーしました!

ウルサマ第1部ではデッカー世界にウルトラマン達が来訪するという設定でしたが、第2部ではデッカーが別次元に来訪するという対になる作りになっています。

目次

スフィア合成獣VSデッカー

とある星で目覚めたロボット。
自分で考え自分で行動しろと製作者に告げられたロボットは、そのまま宇宙の旅にでる。

一方デッカー世界ではスフィアエレキングとスフィアゼットンが街に出現し、街に急行するカナタとハネジロー。
カナタはデッカーに変身し、二体の怪獣を相手に街中で戦闘を繰り広げる。

しかしその戦闘中に異次元の扉が開き、デッカーとハネジローはその中に吸い込まれてしまう。

二大怪獣と戦闘

いきなりゼットンとエレキングという二大怪獣との戦闘から始まる今作。

今回はステージも凝った作りになっていて、デッカーと怪獣が激突するとステージ上で土煙が上がり、ストロングタイプはスフィアエレキングを持ち上げる(ワイヤーで吊るしている)など、映える演出が多め。

ショーは等身大の戦闘に見えがちなのですが、これは巨大戦ということが分かる作りになっていました。

BGMはタイプチェンジテーマソング

この時戦闘中に流れていたBGMは、デッカーのタイプチェンジテーマソング。
フラッシュとストロングで戦っていたのでそれぞれのテーマソングが流れたのですが、後にミラクルタイプに初変身した時も同様のBGMが流れました。

デッカーイントゥスペース

別宇宙に飛ばされ、とある惑星に降り立ったカナタとハネジロー。
そこで冒頭のロボットと出会い交流をしたカナタは、名前が無いロボットに子供のころに見たアニメ「マウンテンガリバーⅡ-Ⅴ(ツーファイブ)」という名前を付ける。

一方、別の場所ではウルトラマンゼロ、ジード、タイガの3人が、復活したレイブラッド星人と交戦していた。
3人は別行動を取ってレイブラッド星人を追い、その中でジードはカナタ=デッカーと遭遇。

戦闘に巻き込まれたデッカーはミラクルタイプに変身し、ジードと共に怪獣たちを撃退する。

マウンテンガリバーⅡ-Ⅴ

今回新規造形で登場したロボット、マウンテンガリバーⅡ-Ⅴ(ツーファイブ)
元ネタはもちろんダイナ42話「うたかたの空夢」に登場していた、マウンテンガリバー5号

Ⅱ-Ⅴという名前は、おそらくダイナ25周年からの引用。

created by Rinker
バンダイ(BANDAI)
¥543 (2022/12/03 21:18:23時点 Amazon調べ-詳細)

5号と比べたら足回りを中心に全体がスッキリしていて、体色も白中心のカラーリングに変更。

原典と同じくスペシウム砲を発射でき、こちらは完全自立型ロボット。
5号のように人が中に乗れるかは不明。

そしてステージが終わった今でも、製作者が誰なのか、何のために作られたのかは不明のまま。
目覚めたときには既にその場に製作者はいなかった模様。

近年はイベント限定のキャラは本編にも登場する可能性があるので、Ⅱ-Ⅴも今後本編に登場するかもしれません。

Ⅱ-Ⅴはカナタの手書き

そして肩に書かれたⅡ-Ⅴの文字は、なんとカナタの手書き。
ステージ上でそのまま肩に文字を書くという、ライブ感のある演出でした。

今後客演したときは、このⅡ-Ⅴの文字があるかどうかで同個体かの判別が可能になることでしょう。

レイブラッド星人復活

今回の戦いの黒幕は、大怪獣バトルシリーズで倒されてから久々の登場となるレイブラッド星人
スーツで出てきたわけではなく、精神体で映像のみの登場。

どのようにして復活したのかは明かされていませんが、THE LIVEは正史に続いていると考えると今後の映像作品にも登場しそうです。

そして今回ゼロ・ジード・タイガとの乱戦で現れた怪獣は以下の通り

レッドキング
レイビーク星人
レイバトス
ザムシャー
ヘルベロス
サイバーメカバルタン(両腕ハサミ)
ゼネキンダール人

ジード「え、ダイナ?」

デッカーを見たジードが開口一番、「え、ダイナ?」と一言。

今のところ映像作品でジードとダイナが絡んだシーンは一度もありませんが、どうやらどこかで面識はある模様。
もしくはジードが一方的に知っているのみ?

ちなみにダイナに関してはウルトラメダル制作時に光の国を訪れているため、その際に出会ったのかもしれませんね。
(ウルトラメダル生成のためには光の国を訪れる必要があるため)

戦闘モードアクティブ

怪獣軍団の援軍によって追いつめられるデッカーとジード。
デッカーに正義の心を教えられたⅡ-Ⅴは、怪獣軍団を一人で撃退。

しかしその圧倒的な戦闘力を見たレイブラッド星人は、Ⅱ-Ⅴに悪の心をインストールしデッカーとジードを追い詰める。

残されたハネジローは元の世界にいるマルゥル、イチカ、リュウモンとの通信に成功し、デッカーにエネルギーを送るための作戦を教えられる。

スローモーション演出

ここではⅡ-Ⅴが一人で宇宙人たちを無双する様子が描かれたのですが、その際にスローモーションになり宇宙人たちの動きを読んで圧倒するという演出がありました。

Ⅱ-Ⅴの強さが感じられる、とてもいい演出でした。
ちなみに途中から剣を使うようになりますが、これは戦闘の途中でザムシャーから奪ったものです。

created by Rinker
BANDAI SPIRITS(バンダイ スピリッツ)
¥9,680 (2022/12/03 23:25:31時点 Amazon調べ-詳細)

観客のステージ参加

1部のときはスマホライトでデッカーを助ける演出がありましたが、今回は手を回してウルトラマンに光エネルギーを送るというものに変更。

1部とは全く違った客参加型の演出になっていたので、1部と2部どちらも来た方でも楽しめるような作りになっていました。
スタッフによる工夫が感じられます。

ちなみに本編では現時点だとマルゥルと現GUTS-SELECTが対面する場面はないため、この話の時系列は9話以降のどこかということになります。

本当の闘いはここからだ

Ⅱ-Ⅴによってジードが倒され、デッカーも追いつめられる。
デッカーはⅡ-Ⅴに正義の思いをぶつけてⅡ-Ⅴの正義の心を取り戻させるも、怪獣軍団の攻撃からデッカーを守ることで爆発。

連戦のダメージでデッカーへの変身が解けてしまうも、ハネジローが集めた観客の応援や、ウルトラマンダイナ=アスカによる激励のメッセージを受け取ることで再び立ち上がる。

復活したジード、合流したゼロとタイガと共に、デッカーはレイブラッド星人率いる怪獣軍団に立ち向かう。

ウルトラマンダイナ登場

created by Rinker
バンダイ(BANDAI)
¥990 (2022/12/03 21:18:23時点 Amazon調べ-詳細)

観客の応援とともになんと現れたのは、ウルトラマンダイナ。
映像ではアスカの姿も登場。

しかしこのダイナはカナタの脳裏に現れた存在のようなもので、立ち上がろうと奮闘するカナタに激励の言葉を送るのみ。(アスカの声に対しても「さっきの声は、なんかすごい温かい感じがした」と呟くだけ)

ダイナはカナタの背後に現れていたのでカナタはダイナの姿を見ておらず、今後どこかであるであろうダイナ客演を邪魔しないような登場の仕方になっているのがいいですね。

スフィア合成獣も使役

大乱戦にはレイブラッド星人が使役するスフィアエレキング、スフィアゼットンも登場。

レイブラッド星人がどのようにして連れてきたのかは明らかになっていませんが、恐らくデッカーが別次元に吸い込まれたときに一緒にやってきたのでしょうか?

ゼロとタイガの活躍

ここからは4人のウルトラマンによる戦闘が行われるのですが、ここまで扱いが薄かったゼロとタイガに関してはこの戦闘中はよく喋るという扱いがされていました。

タイガはスワローバレットとストリウムブラスター、ゼロはゼロスラッガーとワイドゼロショットと技名を叫ぶ演出もあり。

デッカー以外にタイプチェンジはありませんでしたが、シンプルな見せ方になっていて良かったです。

クライマックス

怪獣軍団を全滅させられたレイブラッド星人は、巨大スフィアザウルスを召喚。
4人のウルトラマンは圧倒的な力に追いつめられるも、不意を突いてどこからか放たれたスペシウム砲によってレイブラッド星人の力が弱まる。

劣勢だったウルトラマン達はこれを機に形勢逆転し、巨大スフィアザウルスとレイブラッド星人共々倒すことに成功。

戦闘を終えたデッカーはⅡ-Ⅴがどこかで生きていることに望みを託し、ゼロの次元を超える力で元居た世界に帰るのだった。

巨大スフィアザウルス

ステージショーお馴染みの巨大怪獣は、第1部と同じ巨大スフィアザウルス。
1部よりも動きやすいのか、巨大サイズであるに関わらずステージ花道を歩くなど動きが良くなっていました。

最後にウルトラヒーロー全員でとどめの光線を打つところでは、カナタもステージに登場して一緒にセルジェンド光線を放っていたのが印象的。

やはり本人が登場するステージで最後は一緒に光線ポーズを取ってくれるのは嬉しいですね。

ちなみにこの巨大スフィアザウルスはレイブラッド星人が呼び出していたのですが、デッカーと共にやってきていたスフィアゼットンとスフィアエレキングと違ってどのように呼び出したのでしょうか?
そこが一番の謎でした。

スペシウム砲

そんなスフィアザウルスを倒すきっかけとなったのが、どこからともなく放たれたスペシウム砲。
デッカーを庇って倒されたⅡ-Ⅴはその後ステージに現れることはありませんでしたが、光線を放って助けたということは生きている証拠。

もしかしたら今後のTHE LIVEデッカー編にも再登場する可能性がありますね。

ゼロの力で帰るデッカー

黒幕を倒して一件落着、デッカーはゼロのよって元の世界に帰らせてもらうことになります。

created by Rinker
バンダイ(BANDAI)
¥3,200 (2022/12/03 23:25:31時点 Amazon調べ-詳細)

ダイナと深い関わりがあるゼロなので、デッカーの容姿を見てダイナに関して少し触れていました。

「お前に似たやつを知っている」
「そいつはどんな時も諦めなかった」
「お前も頑張れよ」

やっぱり皆ダイナについて触れたくなるんですね。
ティガのそっくりさんで終わってしまったトリガーですが、デッカーはダイナとの関わりについて描かれることはあるのか。今後に期待です。

フィナーレ

そして第1部と同じく、本編終了後は音楽と効果音のみのウルトラヒーローVS宇宙人軍団のショー。
デッカーOPテーマをバックに、ウルトラヒーローたちが会場内で乱戦を繰り広げます。
(宇宙人たちのエアロビもあり)

登場ヒーローは以下の通り。
1部と比べたらかなり多めになっていました。

デッカー
ダイナ
トリガー
ゼットガンマフューチャー
タイガ
ジード
ゼロ
レグロス

レグロスが人前で初お披露目。

そして映像上ではありますが、ダイナ=アスカが見守る中でトリガー=ケンゴとデッカー=カナタによるウルトラクロスもあり。
1部以上に豪華な内容となっていました。

EXPO2023ニューイヤーフェスティバル開催

そして最後はEXPO2023ニューイヤーフェスティバル開催決定という告知で終了。

年末もどんなショーになっているのか、とても楽しみです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

心地いい部屋を作ることが趣味なアラサー男子。ファッションやカメラ、ウルトラマンなどが好きです。

コメント

コメントする

目次