【ライブレポ】UNISON SQUARE GARDEN 『funtime countdown』 【セトリ付】

  • URLをコピーしました!

2020年から行われるようになったUNISON SQUARE GARDENのカウントダウンライブfun time COUNTDOWN
2021年も引き続き行われ、今回は女王蜂との対バン形式というスペシャルなライブ。

ユニゾンと女王蜂
意外とも思える組み合わせですが、ライブのあり方という芯の部分が共鳴している、ベストマッチな組み合わせでした。
今回はそんなプレミアムな対バンライブの模様をお届け。

目次

1曲目はユニゾンから

映像が始まると、暗闇の中から対面形式のステージが映し出され、ユニゾンと女王蜂のメンバーが交差しながらステージに登場。
今回は事前収録かつ映像監督を付けているそうで、配信ライブとしての魅せ方が詰め込まれたライブとなっています。
最後に登場した斉藤さんとアブちゃんの足がすれ違う瞬間とか、これは映像監督なしでは無し得なかった演出だと思います。とてもカッコいい。

1曲目は女王蜂…かと思いきや、UNISON SQUARE GARDENから。
Catch up latencyでライブはスタート。

「満を持す絶好のカウントダウン」という歌詞もあるように、カウントダウンライブとしては最高の幕開けの曲。
曲が終わると「funtime COUNTDOWNへようこそ!」と斉藤さんが一言だけ挨拶。
すると画面が暗転し、次に映し出されたのは女王蜂のステージでした。

created by Rinker
¥5,423 (2022/10/07 23:42:35時点 Amazon調べ-詳細)

対バン配信ライブの一つの答え

どうやら今回のライブは通常の対バン形式(先攻後攻)ではなく、向かい合った両バンドが交互に演奏していくというスタイルのよう。
通常の対バンなら先行が終了したら機材転換がありますが、向かい合っているうえに配信(おまけに録画)なので転換時間はゼロ。

何かのインタビューで田淵さんは「配信は(視聴者の)集中力を切らさない工夫が必要」と答えていて、これは対バンにおける集中力切れを解消した一つの答えとも言えます。

初見だけど釘付けにさせる女王蜂

Catch up, latencyで爽やかな幕開けを迎えたかと思えば、女王蜂の演奏が始まると一変。
画面上をダークな世界観に包み込んでいきます。

僕は女王蜂が完全に初見だったのであまり詳しいことは書けないのですが、一目見たファーストインプレッションとしては独自の世界観を持っているということ。
そしてステージ上では多くは語らない、ひたすら演奏と曲だけに専念する、言ってしまえばユニゾンと同じようなスタイルを見せてくれるバンドだということ。

中でも完全に釘付けになったのは、後半に演奏されたQ〜introductionにかけて。
パフォーマンスの見せ方もですが、衝撃的な歌詞などもあり、スマホ片手に歌詞を検索しながら見てしまったほど。
こういう楽しみ方も現地ではできない、配信ならではの楽しみ方でしょうか。

このように完全初見ではあったのですが、ライブが終わる頃にはその世界観の虜になってしまいました。
もっと他の曲も知りたい。

created by Rinker
¥2,460 (2022/10/07 22:25:04時点 Amazon調べ-詳細)

配信ならではの魅せ方

Catch up, latency以降は3〜4曲ずつ交互に演奏する、という形式でライブは進んでいきますが、この対バンでは演奏する順序の切り替わり部分も凝った演出がされています。

例えば、ユニゾンのcody beats(7曲目)から女王蜂の催眠術(8曲目)に移るとき。
cody beatsが終わってドラムの鈴木さんがカウントしたかと思えば、一瞬で映像が切り替わり女王蜂の催眠術の演奏へと繋いでいきました。
こうした凝った編集も、録画形式の配信ライブならではの演出。

二度目の女王蜂のブロックが終わり、後半戦に入るときに演奏されたOwn Civilization(nano-mile met)では、映像は全てモノクロで1カメラだけでの演出に。
その次に演奏したパンデミックサドンデスではモノクロから打って変わって映像もカラーに、そしてカメラワークも激しくなるなど、終始面白い演出が多くて目を引きました。

最後はユニゾン

女王蜂の最後の曲Introductionを終えると、最後のユニゾンのターン。
普段ワンマンでしか見られないセッションとドラムソロを挟みますが、なんとIntroductionのフレーズを用いてセッションを行っていました。
これもこの日限りしか聴くことができないセッションですね。

最後のブロックでは、最高の夜を彩るにふさわしい徹頭徹尾夜な夜なドライブ、ユニゾンで最も有名なシュガーソングとビターステップ、そしてラストはカウントダウン定番のセンチメンタルピリオドで、ライブは幕を閉じました。

映像作品として販売してほしい

ライブ時間はおよそ1時間半。
全21曲でMCは全くと言っていいほど無し、あっという間の1時間半でした。

僕はアーカイブで見たのですが、これリアルタイムで見ていたら本当にあっという間に年を越していたのかなと思います。
それくらいスピーディーで、飽きも来ず、気がついたら終わっているという、ちょうどいい配信ライブでした。

年越しライブというよりか、映像として完成された一つの作品を見た、という感覚。
これ一度きりしか見れないのは本当にもったいないので、いつか何かのタイミングで映像作品として出して欲しいです(事務所も同じなのでハードルは低いはず)

これを見てくださっている関係者の方がいらっしゃいましたら、前向きに是非、よろしくお願いします!
それほど素晴らしいライブでした!

実質アンコール、UNICITY限定ミニライブ

そして今回は、UNICITY会員しか見ることができないミニライブもありました。
実質アンコールです。

12分きっかりでMC無し、会員向けということもあるのかとても凝ったセットリスト。
2曲がカップリング、1曲がアルバム(隠れた名曲)からという、物好きからしたらとても嬉しい選曲でした。

全部「これをやるのか!」と思いましたが、中でもラストのI wanna believe、夜を行くはいい意味で期待を裏切った選曲だったと思いました。
タイバニ2の主題歌をやるから、それにかけてなのかも…?
2022年のユニゾンも期待できる、そんなミニライブでした。

hiyoLog
【ライブレポ】UNISON SQUARE GARDEN 『 USG 2020 LIVE (in the) HOUSE2』 【セトリ付】 - hiyoLog UNISON SQUARE GARDENのオンラインライブ第2弾である、『 USG 2020 LIVE (in the) HOUSE2』 リクエストランキング1〜30位からセトリを組んだ前回と比べて、今回は31〜70位...

セットリスト

Catch up, latency
雛市
火炎
堕天
BL
君の瞳に恋してない
シャンデリア・ワルツ
cody beats
催眠術
KING BITCH
P R I D E
HALF
Own Civilization(nano-mile met)
パンデミックサドンデス
マスターボリューム
Q

Introduction
徹頭徹尾夜な夜なドライブ
シュガーソングとビターステップ
センチメンタルピリオド

【UNICITY限定ミニライブ】
ラディアルナイトチェイサー
何かが変わりそう
I wanna believe、夜を行く

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

心地いい部屋を作ることが趣味なアラサー男子。ファッションやカメラ、ウルトラマンなどが好きです。

コメント

コメントする

目次