【書評】小説 仮面ライダーW 【ネタバレ注意】

スポンサードリンク




みなさんこんにちは、仮面ライダー大好きブロガーRです。

ずっと未読だった小説 仮面ライダーWをついに読み終わりました。

素晴らしい内容だった…

 

 

 

仮面ライダーWのファンなら、絶対読んでほしい内容です!

 

話の時系列

話は32話と33話の間。

エクストリームなりたての頃の話です。

31話と32話がエクストリームの話(フィリップの力が強くなりすぎ、変身できなくなった翔太郎の話)で、今回も翔太郎が変身できないということもあり、32話の翔太郎のセリフ「Wが務まらない俺には探偵しかねえ」がこの小説内でも登場し、フィリップを励ます言葉にもなっています。

…にしてのこの頃の翔太郎は変身できなくなったり(31話、32話)、風邪をひいたり(小説)、ドーパントの能力で昨日と同じ行動をさせられたり(33話)と散々だなぁ。

 

 

仮面ライダーサイクロン

病が悪化しついに変身できなくなるほど昏睡する翔太郎、ある人物からロストドライバーを受け取りついにフィリップが一人で仮面ライダーに変身します。

その名も…仮面ライダーサイクロン

小説なので文章で物語が進む(当たり前)なのですが、その場面が瞬時にイメージできてしまうほどの場面展開に脱帽です。

本当にこの話がTVで映像化されていたり、Vシネ 仮面ライダーサイクロンを作ったらこんな感じなんだろうなぁ…

 

あと、後の劇場版やTVシリーズ最終話で翔太郎が仮面ライダージョーカーに変身するときのドライバーはこれだと思われます。

特に劇場版で突然翔太郎の元に現れたロストドライバーは出自が不明でしたので、こうして当時のナゼ?が補完されていくのは良いですね。

 

もちろんWサイクロンジョーカーやエクストリーム、仮面ライダーアクセルだって活躍します。

敵の能力を瞬時に検索できる最強のエクストリームはTVシリーズ以上に無類の強さを発揮します。

ちなみに必殺技ダブルエクストリームのTV初披露は34話なので、時系列的に作中初めてダブルエクストリームを放ったのはこの小説内ということになります。

 

Zを継ぐ者

小説のタイトルにはTVシリーズで使われていなかったアルファベットのZが使われています。

ということはもちろん登場するドーパントのメモリもZ

 

そしてこの「Zを継ぐ者」というサブタイトルが色々な意味を指すダブルミーニングトリプルミーニングになっています。

仮面ライダーW本編のときと同じですね!

どんなドーパントがフィリップ達を追い詰めるのか、それは読んでからのお楽しみ…ということにしておきます。笑

 

まとめ

TVシリーズの脚本メインライターである三条陸さんが執筆されていることもあり、世界観を全く壊さずに当時のキャラクターが帰ってきました。

これが2012年に刊行されていたとは…もっと早く読んでおくべきだった…笑

 

1〜2日でサクサク読み終えてしまうので、本を読むのが苦手な方にもおすすめです!

TVシリーズを追っていた方は是非読んでみてください!

 

ちなみに仮面ライダーW本編はAmazon Primeに入会すると劇場版までの全作品を見ることができるので、こちらもぜひ!

 

スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です