【ネタバレ】小説 仮面ライダーカブト 感想

スポンサードリンク




小説版 仮面ライダーカブトを読みました。

 

amazonのレビューなどでは賛否両論が巻き起こってる今作ですが…いったいどんな内容になっているのか。

読み終えたのでご紹介していきます。

 

構成

今回の小説版は4つのお話から構成されています。

 

1 閃光(シブヤ隕石落下時の、14歳の天道の心情を描いた話。)
2 選ばれし者(第1~2話を1つの話としてリメイクしたもの。)
3 決戦!(47話~最終話を文章化して一部描写を変更したもの。)
4 祭りのあと(TV最終話のその後、タイとインドに旅立つ加賀美のエピソードです。)

 

ちなみにどの話もTV本編を見ていないと全く分からない描写が多すぎるので、初見の方にはおすすめできない内容です。

仮面ライダーの小説はこうしたものが多いなぁ。

 

閃光(プロローグ)

両親をネイティブに殺された天道が14歳になり、シブヤ隕石が落ちてきたときの話です。

TV版で描かれたのと内容はほぼ同じなのですが14歳の天道の心理描写が詳細に描かれ、復讐するために生きてきた気持ちがひよりとの出会いによって混乱していく少年時代の天道。

TV版では分かり辛かったのですがシブヤ隕石のとき天道はこういう心情だったのか、と改めて思い返されます。

 

選ばれし者(1話〜2話)

話の大筋は大体TV版と同じです。

しかし1話と2話の内容をミックスしたような構成になっており、初戦闘ではライダーフォームに変身しクロックアップも使用します

(TV本編では初戦闘はマスクドフォームのみ登場)

 

決戦!(47話〜最終話)

こちらもTV版のリメイクですが、結構話が描写が細部まで描かれたりしています。

いわば仮面ライダーカブト最終話 完全版といった感じでしょうか。

ざっくりと変更点を紹介しますと

・時期が1話の時期から1年後(2007年1月)ではなく、1話から半年後
・ヒヒイロノオオガネなど、TV本編で使われなかった用語などの登場・発言
・ネイティブ変貌後の影山がパンチホッパーに変身し、密航前の矢車に襲い掛かる
・加賀美が父親・陸と救い逃走する方法が、車の奪取
・最終決戦が建物内ではなく、森の中
・最終決戦時の天道の登場の仕方
・グリラスワームVSカブト・ガタックの戦闘描写(マスクドフォームでの戦闘クロックアップの使用、パーフェクトゼクターが破壊されないなど)
・TV版ラストシーンの変更(エッフェル塔の下ではなく…)

などなど。

グリラスワームとの戦闘やラストシーンは、TV版よりこちらの方が好みかなぁと思ったりしました。

ぜひ小説版を読んでみてください。

 

祭りのあと(エピローグ)

こちらはなんとDVD発売当時に収録されていた短編小説をそのまま収録したものらしいです。

 

最終決戦の後、集中治療室で一カ月ものあいだ世間から隔離された加賀美。
そのあいだにZECTは解散し田所や岬などの面々とは音信不通、ビストロ ラ サルも閉店しひよりは行方不明、天道も自宅を引き払い「パリに行く」と言い姿を消す…
加賀美は天道の自宅の管理人から、天道宛に届いたひよりからの手紙を受け取ります。
その内容は”ひよりがタイで高熱で寝込んでいる”というもの。
ひよりの行方を知る唯一の手掛かりを手に、加賀美はタイへとひよりを探す旅に出る。

 

 

加賀美のスピンオフストーリーなのですが、とにもかくにも踏んだり蹴ったりな海外旅行記になっています。

タイに降り立ちいきなりスリに持ち物を全て盗まれる、手紙を失うのでどこにひよりが居るのか分からなくなる、スリに再会するも袋叩きにされ再度無一文になり三日ほど寝込む…などなど可哀想になってくる序盤です。笑

 

このエピソードで疑問なのが、なぜZECTの面々と音信不通になっているのか、ひよりみランチを完成させたばかりだというのになぜサルは閉店しているのかというところです。

TV版では最終決戦の1年後にサルで集まるZECTメンバー、シェフとして働くひよりの姿を見ることができるのですが…

 

ちなみにこれらの疑問は解決されることは無く、そのままお話が進んでいってしまいました。

小説版だけのパラレル設定、ということで読んでみるといいかもしれません。

 

しかし納得したのは樹花のその後です。

自宅を引き払ったあと樹花はどうしたのかというと、なんと留学に出ていたのです。

全国指名手配された天道の妹(冤罪でしたが)ということで学校に行きづらくなるのかと思い天道が手を回したのでしょうか。

そうした設定などは納得できたのですが、なぜひよりがタイにいるのかなど腑に落ちない点もいくつか…

 

まとめ

小説版仮面ライダーカブトですが、内容はTV版最初と最後の脚本を再構成しただけだったり、繋がりにくいエピローグなどが収録されていたり、内容がまとまっていないように感じました。

TV版が話が綺麗に終わったと言い難かった内容だったので、それを補完するためにちゃんとしたエピローグを描いてほしかったなと思いました。

(鎧武はTV版のその後を舞台にした最終エピソードや、残った謎を補完する内容として描かれていたので…)

 

ちなみに話の時系列上、ぼっちゃまは出てきません。小説で動くぼっちゃまが見たかったなぁ…

もしも小説版2があるなら、ちゃんとしたエピローグとぼっちゃまのお話をお願いします!

スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です