【ライブレポ】BBHF ONE MAN TOUR ”Mirror Mirror” 梅田TRAD公演【セトリ付】

スポンサードリンク




Bird Bear Hare and FishからBBHF改名後初のツアーとなった、TOUR “Mirror Mirror”
最新EPを引っさげて行われた全国3公演のみという小さなライブツアー。
今回休日とライブが被ったので、Galileo Galileiの武道館以来久々に彼らのライブに訪れました。

 

会場:梅田TRAD

今回の大阪公演の会場となったのは梅田TRAD
梅田駅から徒歩数分の距離にあるところで、キャパは700人ほどだそう。

ドリンク代は600円。

 

場内の端には、Mirror Mirrorのジャケット・MV撮影に使われたミラーが展示されていました。
漆黒のミラー。写真撮影OKとのこと。

 

反射してドリンクカウンターが写っています。

 

開演

18:31 開演

Galileo Galilei時代に入場SEはありませんでしたが、今回はSE有りで入場。

1曲目に演奏されたのは夏の光
1stフルアルバムMOON BOOTSの中盤に位置された曲ではありますが、ライブの始まりの曲として披露。
夏の終わりに行われるツアーの中、美しいピアノの旋律が会場に響き渡ります。

2曲目はEPの曲順通り、友達へ
車のエンジン音のイントロが加えられるアレンジも、ライブならでは。
様々な音が入る曲たちを再現するため、ボーカルとドラムの尾崎兄弟以外の2人とサポートメンバーの岩井さんは状況に応じてギターやベースからシンセへと楽器を変えていく。

 

2曲終わると短いMCへ。
今回のツアー・ライブは最新EP Mirror Mirrorの世界観をより深く再現したツアーとなっているので最後まで楽しんでほしいとのこと。

そんな短いMC明けに歌われたのはレプリカント
「鏡には映らない 映せない」という部分が、安直ではあるけれどMirror Mirrorと繋がるのかななんて考えてしまう。

リビドーから続いて披露されたのはなんと新曲、シンプル
ラジオなどでは既に流れてはいたのですがまさかここで披露、しかも何も言わずに始めるという。
この日最も早いBPMに乗せて、場内が踊ります。

 

シンプルが終わると、ゆっくり目のMirror Mirrorのイントロが始まったかと思えば、なんとそのままイントロを引用した長めのセッションへと繋がる。
そして通常のテンポのイントロが再び始まると、Mirror Mirrorがスタート。
ライブの数はそんなに多くない彼らですが、短い公演数でありながらもライブアレンジが随所で機能しているのが彼らの魅力。
Torchでは珍しくボーカル尾崎さんがハンドクラップを求め、場内全体のリズムが一体化する。

 

次のMCでは、BBHFは既に次の公演・ツアーが決まっており関西では大阪と京都を訪れる話に。
場内ではそのチケットが先行販売されているのでぜひ買ってほしいという内容。
続いての曲はMOON BOOTSからwork、EPからはだいすきバックと次々演奏され、ここでEPからの新曲はすべて終了。

グッズ紹介のMC(話すことが何も無いため、仕方なくだそう)を挟んで、次はカバーを披露するとのこと。
尾崎兄弟が幼い頃ビデオが擦り切れるまで見た、エルトン・ジョンが制作した『ライオン・キング』の楽曲Can You Feel the Love Tonight
サポートメンバーの岩井さんのキーボードと、自分なりの解釈で和訳したという日本語で歌い上げる。

そしてライブは最初のシングル曲に収録された次の火、Bird Bear Hare and Fishになって最初にできた曲ウクライナで締めくくられました。

18:38 本編終了

 

アンコール

18:39 アンコール開始

本編終了からすぐさま再登場し、アンコールがスタート。
といっても披露されたのは1曲のみ。

BBHFはMirror Mirrorと対になるEPであるFamilyを同時進行で作っていたといい、その曲たちと一緒にMirror Mirrorの曲たちを聴くことで新たな解釈ができるので楽しみに待っててほしいと挨拶。
アンコールは未だ世に出ていない最新曲の中から、涙の階段という曲を演奏。
カバーも含めて全14曲という短い時間でしたが、最新モードの彼らを見ることができる貴重なライブとなりました。

19:47 終演

 

終演

メンバー全員がステージを後にすると、ステージ背景にて何やら映像がスタート。
飛行場のような場所を男性が走り、最後は絵画のような静止画に変わる。
おそらく11月にリリースされるFamilyに関わる映像だと思うのですが、詳しい説明は何もされませんでした。
新曲のMVにて答え合わせがあるのかもしれませんね。

Galileo Galilei時代の曲を全て封印し、自分たちの好きな音楽をひたすら作り届けていくBBHF。
次のツアーも決まっている彼らに、今後も目が離せません。

 

 

セットリスト

BBHF
ONE MAN TOUR ”Mirror Mirror”
梅田TRAD公演

セットリスト

夏の光
友達へ
(MC)
レプリカント
リビドー
シンプル(新曲)
(セッション→Mirror Mirrorイントロ)
Mirror Mirror
Torch
(MC)
work
だいすき
バック
(MC)
Can You Feel the Love Tonight(カバー。日本語詞)
次の火
ウクライナ

アンコール
涙の階段(新曲)

 

【ライブレポ】BBHF ONE MAN TOUR ”Mirror Mirror” 赤坂BLITZ公演(生配信)【セトリ付】

スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です