『MERRY ROCK PARADE2018』2日目アーティストレポート

スポンサードリンク




↓会場の様子

MERRY ROCK PARADE 2018に行ってきた。場内の様子・服装など。

当日のタイムテーブルはこちら。

(引用:http://www.merryrockparade.jp/tt.html

あいみょん

SEなしで登場。
メリロ 2日目のスタート、一曲目を飾ったのは生きていたんだよな
曲に合わせた赤い照明がフェスの始まりを告げます。

今回セットリストは比較的有名な曲を中心に構成。
次の曲も、ドラマ主題歌として話題になった今夜このまま

曲が終わったところで軽くMC
「クリスマスですけど、皆さん愛を伝えたりとかするんでしょうか!?」
次にやる曲が何なのか予測が付いたのか、ざわつく場内。
その予想通り演奏されたのは愛を伝えたいだとか

貴方解剖純恋歌ではイントロの瞬間に歓声が上がるなど、あいみょんの人気を伺わせる。

最後はドラマ主題歌として幅広い層に届いたでろう曲、マリーゴールドでステージを後にしました。

メリロ出演3年目にして、大きなステージを飾ったあいみょん。武道館公演も控えた今、更なる飛躍が期待されます。

セットリスト

生きていたんだよな
今夜このまま
愛を伝えたいだとか
君はロックを聴かない
貴方解剖純愛歌〜死ね〜
マリーゴールド

Fear, and Loathing in Las Vegas

5人体制になってから初めて見ることになったベガス。
今年のミリオンロックが最後の6人編成でしたが、そちらは見ることができずとても後悔した覚えがあるので今回はがっつり頭から見ようと思っていました。

リハでchaseを二回やり、観客が最高に温まった状態でライブに臨んだベガス。
一曲目のAccelerationで曲名の通りアクセルを上げ、二曲目のGreedyではイントロで歓声が上がるなど、人気の高さを感じさせます。

意外にも今回がメリロ初出場だったベガス。初で一番大きなステージ、しかも満員という快挙。
メリーというのは楽しいという意味だから、もっと楽しんでいけと会場を煽ります。

今回見た中で一番の盛り上がったのはParty boys
特徴的な振り付けも相まって、盛り上がりに欠かせない一曲となっています。
最後は、最近ラスト一曲で演奏することが多いLove at First Sightで約30分という短いステージを終えました。

セットリスト

リハ:Chase the Light!(途中から少し)
リハ:Chase the Light!(2回目。こちらは最初から途中まで)

Acceleration
Greedy
(MC)
Keep the Heat and Fire Yourself Up
LLLD
Party boys
Love at First Sight

岡崎体育

今や大人気アーティストとなった岡崎体育。
大きなステージかと思いきや、一つ小さいステージでの出演により場内はほぼ満員。

stampR.S.Pでは観客を次々とジャンプさせ「次ジャンケンで勝った人だけ盛り上がってください」と煽るなど、今までにない盛り上げ方。

最初のMCでは次の曲フリとして「僕、バンド大嫌いなんですよ」という言葉が。
その言葉が歌詞として登場するFRIENDSを披露。
『このメリーロックに出てるバンドも分割さ!』と、一部替え歌でここでしか見れない演出を見せてくれます。

実は来年一月から全国ツアーが始まるそうですが、名古屋公演は全く売れていないようです。
「物販用にチケット持ってきました!」と言い、後で物販覗いたら本当に販売してました。笑

「みんなでうんぱっぱのぶんぶん、したいんです」と言って始まったのは、サビの歌詞以外が最高にかっこいい感情のピクセル

曲が終えた頃には「かっこいい」「肉団子」という色々入り混じった歓声が。ユーモア溢れる岡崎体育はいずれも「綾野剛と言いますよろしくお願いします」と返していました。

その後は絶対に来年1月発売のアルバムでオリコン1位を取ると宣言し、最後はThe Abyssを披露。

始まる頃も結構な人の入りでしたが、終わる頃には超満員の状態でステージを終えました。このステージにここまで人がいたのは初めて見たかも。

セットリスト

Stamp
R.S.P
(MC)
FRIENDS
(MC)
感情のピクセル
(MC)
The Abyss

ACIDMAN

SE無しで登場のACIDMAN
これまで10代~20代に爆発的にファンが多いアーティストが続いていたせいか、幅広い年齢層のファンに支えられてるACIDMANの集客は場内キャパの半分ほど(岡崎体育がパンパンだったせいもありますが…)

初めて見るACIDMANだったのですが、この日見たどのアーティストと比べても演奏力・迫力が桁違い。
3人とは思えない演奏で淡々と歌い上げていきます。

ある証明ではイントロで歓声が上がり、CD音源よりもテンポは早め。

曲中では「名古屋声出すぞ!」と煽る場面もあり、冷静な中に熱さも備えたステージ。

唯一のMCでは、次に披露する世界が終わる夜という曲に込めた思いを語ります。
若い世代に人気のアーティストを中心にラインナップが据えられているメリロですが、ACIDMANには今後もで続けて欲しいと思わせるライブでした。

セットリスト

新世界
MEMORIES
ミレニアム
ある証明
(MC)
世界が終わる夜

SiM

メリロに久々の登場となったSiM
Blah Blah Blahでは一曲目にも関わらず盛り上がりが小さいからと数回中断し、「メリロはダイブができない分声出せ!」と煽ります。

Faster Than The Clockでは客席中央に大きなサークルができ、I HATE Uでは「今年あったムカつくことをこの曲に込めろ」と盛り上げていく。
特にI HATE Uは珍しかったのか、Twitter上でもセトリが公開された時にかなりの反響がありました。

MCでは「ダイブ無くても盛り上げれるところを見せたくて、いつもより気合が入っている」と宣言。
ツーステを日本中に流行らせた曲と紹介して披露したAmy、モンキーダンスさせることでお馴染みのGUNSHOTSなど、いつも通りのSiM

前日にトリを務めたcoldrainに関して喋る一幕があり、主催フェスをやりたいと話していたらしいmasatoさんに対して「早くフェスやれよ」と激励。
同日出演ではありませんでしたが、仲の良いバンド同士の関わりを感じることができました。

最後はKiLLiNG ME
2度目のサビ終わりでは客席から弾ける人をステージに上げ、演奏。
そのまま最後まで弾かせ、圧倒的なライブバンドとしてのステージを終えたのでした。

セットリスト

Blah Blah Blah
Faster Than The Clock
I HATE U
(MC)
Amy
GUNSHOTS
MAKE ME DEAD!
(MC)
KiLLiNG ME(後半ギターカズユキ)

[ALEXANDROS]

19時のスタートより2分遅れて始まった[ALEXANDROS] このフェスも今回で3度目の出演ですが、いずれもトリ。
前々回が初日、前回が大トリ、今回が中日のトリなので唯一全日程でのトリを制覇したことになります。

いつものSE(BugerQueen)ではなく新SEで登場。
まず披露されたのは最新アルバムの一曲目に位置したLAST MINUTE
新曲から攻めていくのかと思いきや、その後は怒涛の旧曲タイム。

For freedomではイントロで歓声が上がり、名曲starrrrrrrではサビで大合唱が発生。
前、真ん中、後ろとコール&レスポンスさせると間髪入れずにWaitress, Waitress!へ突入。

磯部さんがコンガを叩き出し「新曲です!」と言って披露されたのはFISH TACOS PARTY
最新アルバムのパーティーソングであるこの曲のラスサビ前では銀テープが発射。軽妙なメロディが場内を幸せな気持ちに包みます。

kick&spinを終えたあとどうやらこれでライブは終わりだったらしく「そのままアンコールやっていいですか!」と言い、ステージから一旦捌けずにアンコール開始。

ここで軽めのMC。前々日に大阪のツアーを終え、このメリーロックをずっと楽しみにしてきたことを語っていました。
最後は木村拓哉さんがPVに出演したことでも話題になったアルペジオを演奏。

今回はセトリの半分が最新アルバムからの新曲でしたが、それを感じさせないほど新曲たちが多くの盛り上がりを見せてくれました。

セットリスト

LAST MINUTE
For Freedom
starrrrrrr
Waitress, Waitress!
FISH TACOS PARTY(銀テープ)
mosquito bite(アウトロ長め)
kick & spin

アンコール:アルペジオ

スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です