【ネタバレ感想】コロッケ!BLACK LABEL 第23話「グランシェフ王国の空に」

  • URLをコピーしました!
目次

怖がっている?

第2回王様だーれだ大会が行われている地下で、ボロボロのマントに身を包んだ何者かが会場に向かっていた。

一方会場のトーテムポールでは、コロッケとリゾットがブレンドしたコロットとシャトーブリアンの死闘の真っ最中。

大ダメージを負ったシャトーブリアンをわざとパーフェクトリバースさせ、全回復させてしまうコロット。
「本気を出していない」と言い放たれたシャトーブリアンはコロットに対し、アンチョビの最強技ヘルロケッティアを放つ。

しかしそのヘルロケッティアを受け止めたコロットは、シャトーブリアンに何に怖がっているのかと問い質す。

ついに登場ヘルロケッティア

現代でついにアンチョビの最強技ヘルロケッティアの登場です。

成長した姿で復活したアンチョビは究極態にならずともパーフェクトリバースが使えるようになっていたので、このヘルロケッティアも究極態にならずとも放てたと思うのですが。
Black Labelでは敵に使われるという形で、初登場となりました。

それにしても、シャトーブリアンの頭からヘルロケッティアのための角が出てくる様子はシュール。
シャトーブリアンの見た目はリゾットと全く同じなので…

コロット、舐めプ?

しかしそんなヘルロケッティアも、命中する直前に地面に叩き潰して防いでしまうコロット。
コロッケがバンカーサバイバル決勝でアンチョビのヘルロケッティアをハンバーガーで抑え込んで様子が頭をよぎりますが、こちらは完全に封殺。

そして地面に叩き潰されたシャトーブリアンに対し、再度頭の皮を掴んで無理やりパーフェクトリバース。
も、弄んでやがる…

しかしコロットが何度もパーフェクトリバースさせたのは、シャトーブリアンが本気を出して戦っていないと感じたから。
力を抑え込んでいるのは、シャトーブリアンが何かに怖がっているからだと言い放ちます。

グランシェフ国王の登場

自分は一体何に怖がっているのか。シャトーブリアンの脳裏に今までの辛い過去の記憶がフラッシュバック。
虐げられた記憶を糧にバンカー中心の世界を作ろうとしてきたシャトーブリアン。

そんな中、シャトーブリアンの父である現グランシェフ国王が会場に乱入。

シャトーブリアンに戦いを止めてもう一度自分とやり直そうと説得を試みる。

シャトーブリアンの目的

シャトーブリアンはバンカー中心の世界を作ることが理想と語っていましたが、本心は自分を捨てたグランシェフへの復讐だったということが明かされました。

世界を征服するなら拠点となる国はどこでもいいはずなのに、グランシェフを選んだのはそのため。(というより物語の作劇の都合?)

バンカーの定義

そういえばこの世界観において、バンカーとして生まれるとはどういうことなのでしょうか。

バンカーとは、超人的な能力を持った人物禁貨を集めている人たちのことを指す言葉です。

この世界は人型のバンカーもいれば、ウスターのような獣人もいれば、ダイフクーのような謎のタイプのバンカーもいます。
そしてプリンプリンのように後天的にバンカーになったタイプもあるなど、前作まではとにかく禁貨を集めていればバンカーになれてしまうようなイメージでした。

しかし今作においては、シャトーブリアンが生まれながらにしてバンカーマークを背に持っていたように、バンカーは生まれながらにしてバンカーであるというふうに定義が変化しているように見受けられます。

数百年もの間バンカーが滅び現れていなかったので、定義も変化しているのかもしれませんね。

国王登場

悲劇を止めようと現れたのは、シャトーブリアンの回想以来の登場となる現グランシェフ国王。
パエリア先生と姿が似ている、側近のサフランも登場。(おそらく子孫?)

特に描写はありませんでしたが、シャトーブリアン軍が国を乗っ取った際に牢獄などに閉じ込めていたということでしょうか。

牢獄に閉じ込めていたのはプリンプリンだと思われるので、プリンプリンが逃がした?
もしくはプリンプリンの手から逃れた、テトとモッツァレラが逃がしたのでしょうか?

Black Labelのテーマ

今回の騒動は、国王がシャトーブリアンの力を恐れてしまったことで起きたこと。
強大な力を受け入れて、人間とバンカーが共存できる世界を作ることを目標にしていればこのような惨劇は起きなかったのかもしれません。

人間とバンカーの共存はアンチョビも言っていた言葉だったので、Black Labelの今後のテーマなのかも…?

ほかにはバンカーを隠して生きている一般人もいそうですが、コロコロでやるにはテーマが重いかもしれませんね。

本気

国王を攻撃し、ウスターとT-ボーンも吹き飛ばされるほど強い衝撃が起こる会場。
その中心には、背中のバンカーマークが露わになるシャトーブリアンの姿が。

「それを待っていたぜシャトーブリアン!!」

その姿を見たコロットはただ一人、笑みを浮かべる。

燃えるバンカーマーク

全ての力を開放して周りを吹き飛ばすシャトーブリアン。

ついに本気を出して本来の力を使うことになるですが、取り込まれた方々はどうなるのでしょうか…?
本来の力を出すのに邪魔そうだからここで吐き出すとか?

表紙でシャトーブリアンに取り込まれた全員が登場しているのは、次回ブランドから解放される伏線なのかもしれません…

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

心地いい部屋を作ることが趣味なアラサー男子。ファッションやカメラ、ウルトラマンなどが好きです。

コメント

コメントする

目次