【ライブレポート】ASIAN KUNG-FU GENERATION 2019年6月16日 名古屋公演 Tour 2019「ホームタウン」

スポンサードリンク




アジカンのワンマン、Tour 2019「ホームタウン」
ここまで聴き込んだアジカンのアルバムは初めてだった、ということでライブに行ってきました。

これまでフェスで見たことはありましたが、実はアジカンのワンマンは初。
「ワンマンはすごい」と聞いていましたが、ここまで凄かったとは…アジカンはワンマンに行ったほうがいいです。本当に。

 

開演

18:01 開演

「こんばんは、アジカンです」

アルバムの1曲目クロックワークのイントロをSEとしてステージに現れ、そのまま演奏を始める形でライブがスタート。

ホームタウン、レインボーフラッグとアルバムの曲順通り続き、曲を終えたところで少しだけMC

「水を飲まないアーティストに憧れている」という言葉から、ここから先は一切水を飲まずひたすら演奏を重ねていきます。
君の街までではプロジェクションマッピングによる映像演出も重ねていき、過去曲ではライカ迷子件と雨のビートなども織り交ぜていく。

 

UCLAMotorPoolダンシングガールというアルバムの並びそのままに演奏したりと、アルバムの並びを大事にしている場面も感じられる。
ラストダンスは悲しみを乗せてを終えたところで、MCに。

「ライカはそろそろやり納めしないとやばいよね」

と、まさかのライカやり納め宣言。年齢とともにゴッチが歌うのがかなりきつい歌になっていくそうで…
もしかしたら聴けるのはこのツアーだけかも…?

 

ここからはアコースティックコーナー。
大洋航路ではそれぞれにソロの場が与えられ、人気曲ブルートレインはまさかのアコースティック版にしてここで披露と、驚きの連続。

「ソロアルバムが、自分の出したエッセイより売れてない」と自虐ネタを暴露し笑いをさそうと、ここからライブは後半戦へ。
まさかのスピッツカバー、グラスホッパーから後半戦がスタート。

ギター喜多さんがボーカルを取る八景、ベース山田さんが最初のボーカルを取るイエローと、ゴッチさん以外にも歌う曲が続く。
アンコール時のMCでは「八景はあまり盛り上がらないポイントで、次のイエローのイントロベースで山ちゃんが全てかっさらっていく」とネタにしていたが、この日はツアーの中でも一番盛り上がっていた様子。
後のMCでも「今日は(八景)盛り上がった方だよ!」と笑いを誘う。

サイレンRe:Re:といったアジカンを代表する曲もあり、ライブはいよいよ終盤へ。

最後はアルバムの並び順通り、さようならソルジャーからのボーイズ&ガールズという流れでライブを終えました。

 

19:56 本編終了

 

アンコール

19:58 アンコール開始

「次は僕の親戚が書いた曲をやります」
実の親戚ではなく実際は容姿が似ているだけで親戚ではないのだが、THE CHARM PARKが書いた曲だというはじまりの季節を演奏。

アジカンのアンコールはそのときどきで曲が代わり、この日は他にマーチングバンドを披露。
「また(ライブに)遊びに来てよ」と言い、最後の曲として始まったのは最新曲解放区
2時間にわたるライブを終えました。

20:20 終演

 

アジカンのワンマンはすごい。とよく耳にしていたのですが、本当に凄かった。水を飲む暇も与えない、怒涛の2時間。
アジカンは今が一番いい。どんどん良い曲を生み出し、良いライブを更新し続ける。そんなバンドです。

 

 

セットリスト

セットリスト

クロックワーク
ホームタウン
レインボーフラッグ
(MC)
君の街まで
荒野を歩け
ライカ
迷子犬と雨のビート
UCLA
モータープール
ダンシングガール
ラストダンスは悲しみを乗せて
(MC)
サーカス(アコースティック)
(MC)
大洋航路(アコースティック)
(MC)
ブルートレイン(アコースティック)
グラスホッパー(スピッツcover)
八景
イエロー
サイレン
Re:Re:
スタンダード
さようならソルジャー
ボーイズ&ガールズ

アンコール
はじまりの季節
マーチングバンド
解放区

スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です