UNISON SQUARE GARDEN TOUR 2018「MODE MOOD MODE」名古屋公演に行ってきた

スポンサードリンク




4月22日、UNISON SQUARE GARDENのライブに行ってきました。

ニューアルバムMODE MOOD MODEのワンマンツアーで、全32公演中の5回目の会場。

 

 

1月にツアーを終えたばかりなのにもう次のツアーが始まるなど、もの凄いハイペースでライブを行っています。

 

(セットリストや演出のネタバレを多く含みますのでツアー参加される方はご注意ください。)

開演、終演時間だけ知りたい方はこちら↓
開演 17:31   終演 19:23
スマホの方はコピーしてメモ帳に張り付けてください。

 

会場

 

今回の会場は名古屋国際会議場センチュリーホール

西高蔵駅と日々野駅どちらからも徒歩5分ほどで到着する場所です。

収容人数は約2000人くらいかと思われます。場内撮影禁止ですので写真はありません。

 

開演

17:31 開演

時間ほぼぴったりに場内が暗転し、メンバーがステージに登場。
最初に演奏された曲はもちろん、アルバムMODE MOOD MODEの1曲目Own Civilization(nano-mile met)
次にアルバム2曲目が来るのかなと思ったら続いて演奏されたのはフルカラープログラム。まさかの初期曲で、これは想定外すぎました。

続いてシュガーソングとビターステップfake town babyと人気曲が続きます。

 

fake town babyが終わり、ボーカル斎藤さんが「愛知こんばんは、UNISON SQUARE GARDENです。自由に楽しんでいってください!」とだけ話し、すぐに続いての曲mix juiceのいうとおりへ。(話し始めると同時に曲のイントロ始まってました)
このあとは本編最後の曲になるまで喋ることは無く、淡々と演奏が続いていきます。

 

ギターのリズムが似ているような感じのデイライ協奏楽団フィクションフリーククライシスが続いた次に披露されたのがアンコール曲としておなじみのガリレオのショーケース
いつもは終盤に披露されることが多いのですが、ライブ中盤で演奏されるとは予想できず度肝を抜かれました。

ちなみにこの曲で田淵さんはテンションが高く、弾いてない時にベースを斧のように振り下ろす間奏で常に一定のリズムで飛び跳ねまくる背面弾きするなどいつにも増して動きが激しかったです。

 

もう一つ度肝を抜かれた曲があり、サンタクロースは渋滞中という曲です。
直前のMIDNIGHT JUNGLEが終わったあとにセッションが始まったと思ったら、誰でも聞いたことあるサンタクロースのメロディ。
まさかカップリング曲が演奏されるとは…季節外れすぎるサンタクロース曲に場内は大盛り上がり。(イントロのベースが始まった瞬間歓声が上がりました

 

オーケストラを観にいこうでは新しいイントロが追加された豪華版に、Dizzy Tricksterでも直前にセッションが入るなどユニゾンはライブアレンジが多彩です。

そしてライブでしか見られないのがドラム鈴木さんのドラムソロ。
今回は新しい試みなのか、斎藤さんと田淵さんがソロを手伝うという光景も見られました。(鈴木さんの近くにコンガを持っていきそれを叩くというもの)

ドラムソロのあとはInvisible Sensation場違いハミングバードとライブで盛り上がる曲を演奏し、「愛知楽しかったです。ラスト!」と言い君の瞳に恋してないを最後に披露。

MCをほぼ挟まない、ストイックな怒涛のライブを終えてステージを後にしました。

19:02 本編終了

 

アンコール

19:06 アンコール開始

3人が再度ステージに登場し、何か話すのかなと思いきや無言のまま演奏。笑

演奏されたのはニューシングルから、春が来てぼくらでした。

 

ここでようやく斎藤さんが今日初めてのMC。

「ツアーも5本目で慣れてきたんですけど、まさか最後の曲(君の瞳に恋してない)でギターのヘッドに頭突きするやつがいるという…」

私は気付かなかったのですが、ギターソロの時に田淵さんがうさぎ跳びをして斎藤さんの周りを回りながら弾いていた(今日は本当にテンションが高い)のですが、その時に頭がヘッドに当たりソロが中断してしまったそうです。

「弾きたかったなー」と言い、突然君の瞳に恋してないのソロを即興で全て弾く斎藤さん

弾き終えた斎藤さん「(メロディが)かぁーっこいい!今日はもう満足!」

 

また曲を作って遊びに来ますと言い、最後に10%roll, 10% romanceアイラブニージューを演奏して熱狂のステージを終えました。

19:23 終演

 

まとめ

今回は良い具合に新旧織り交ぜたセットリストで、中々聴けない曲もあったのでとても楽しめました。

やっぱりユニゾンはライブでこそ映えるバンドですね!

長いツアーですが最終公演まで頑張ってください!

 

 

 

↓ユニゾンの魅力を存分に語っています。8年後も、ユニゾンが好き↓

ファン歴8年の“物好き”が語るUNISON SQUARE GARDENの魅力

 

 

↓ユニゾンの過去のライブはこちら↓

UNISON SQUARE GARDEN TOUR 2017-2018「One roll, One romance」幕張メッセ公演 行ってきた

 

 

セットリスト

セットリスト

Own Civilization(nano-mile met)
フルカラープログラム
シュガーソングとビターステップ
fake town baby
mix juiceのいうとおり
デイライ協奏楽団
フィクションフリーククライシス
ガリレオのショーケース
MIDNIGHT JUNGLE
(セッション サンタが街にやってくる)
サンタクロースは渋滞中
静謐甘美秋暮抒情
クローバー
オーケストラを観にいこう(オーケストラのイントロ追加)
(セッション)
Dizzy Trickster
桜のあと(all quartets lead to the?)
(ドラムソロ)
Invisible Sensation
場違いハミングバード
君の瞳に恋してない

アンコール
春が来てぼくら
10% roll, 10% romance
アイラブニージュー

 

 

【追記】
MODE MOOD MODEツアーの模様を収録したDVDが発売されました。

【DVDレビュー】UNISON SQUARE GARDEN TOUR 2018 MODE MOOD MODE

スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です