【感想・考察】コロッケ!BLACK LABEL 第17話「トップ・オブ・ザ・ワールド」

2021年最後のコロッケ!更新。
今話ではフォンドヴォーが主役となります。

これまでコロッケやバーグなど主要キャラの能力や変化が明かされてきましたが、今回ついにフォンドヴォーの新能力が明かされます。

不死身のフォンドヴォー

復活して得たフォンドヴォーの新しい能力、それは死んでもすぐに生き返ることができるという不死身の能力でした。
溶岩に落ちても、シャトーブリアンに腹を切り裂かれても生きていたのは、どうやらこの新能力のおかげ。

これまでフォンドヴォーは様々な死線をくぐり抜けてきましたが、まさかここで不死身が能力として公式化してしまうとは…

さて、このようなチート能力が明らかになりましたが、実力ではシャトーブリアンを倒すことができないと考えたフォンドヴォー。
そこでブレンドを使ってコロッケに不死身の能力を与えることを思いつき、コロッケを探すために島中を走り回ります。

バンカーの変化まとめ

ちなみに現時点で判明している、バンカーの能力や変化をまとめてみると以下の通り

コロッケ→ブレンド
リゾット→肉体強化
ウスター→小柄化
プリンプリン→大柄化(顔はブサイクに)
T-ボーン→満月を見ると巨大犬に(エネルギーを使い果たす?といつもの小型犬に)
キャベツ→天才的頭脳
アンチョビ→成長(究極体にならずともパーフェクトリバース可)
テト→成長
ポー→???
タロ→???
レモネード→???
カラスミ→???
タンタンメン→???
ピロシキ→???
モッツァレラ→???
アブラミー→良い人化
バーグ→悪の心
フォンドヴォー不死身

フォンドヴォーだけチート能力ですね…
またこの他にも内容は不明ですが本格化という単語も出てきており、もう一段階上の能力強化もあるかもしれませんね。

プリンプリンの暗躍

第2回王様だ〜れだ大会の実況を続ける裏で、密かに禁貨を集め続けているプリンプリン
今のところ禁貨を集めている本当の理由は不明ですが、シャトーブリアンのためではなく自分のために集めている様子

「最後に笑うのはこのプリンプリン様なのだ!!」という台詞もあったように、世界の王になろうとしているのでしょうか。
もしやこの作品、ラスボスはプリンプリンになるのでは…?(さすがに無さそう?)

次々と取り込んでいくシャトーブリアン

大会終了まで残り7時間を切り、圧倒的トップをひた走るシャトーブリアン。
次々とバンカーを取り込んでいき、前話でコロッケと死闘を繰り広げ自害したアンチョビをも取り込んでしまいます
(まだ微かに生きていたため無理やりパーフェクトリバースで復活させて取り込むという残忍さ)

そしてアンチョビだけでなく、不死能力が判明したフォンドヴォーまでをも取り込んでしまいます。
不死身の力は死亡しないと発動しないためか、瀕死の状態で動けなくなり、逃げきることができませんでした…。

再生の鬼と化したシャトーブリアン

パーフェクトリバースに加えて死亡したら復活という、ダブル再生能力を得たシャトーブリアン。
作中でもかなりチートな能力持ちになりましたが、これを倒す方法は存在するのでしょうか…?

現在生存が判明しているコロッケ側バンカーは、コロッケ・リゾット・T-ボーン・ウスター。
バングルを取られた描写がないため僅かでも復活の可能性があるのは、レモネードとキャベツ。
あとは大穴で、未だ登場していないダイフクー…?(さすがになさそう)

個人的には若返って復活した最強のオコゲ師匠が乱入してきて、シャトーブリアンと死闘を繰り広げてほしいです。

あわせて読みたい
【感想・考察】コロッケ!BLACK LABEL 第16話「悪魔の如く…あるいは天使の如く」 最強バンカーの一人として名高いアンチョビ。BLACK LABELでは青年の姿に成長して身体能力が向上し、完全体にならずとも完全再生(パーフェクトリバース)が使えるように...
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

心地いい部屋を作ることが趣味なアラサー男子。ファッションやカメラ、ウルトラマンなどが好きです。

コメント

コメントする