【感想・考察】コロッケ!BLACK LABEL 第19話「消失してしまった者たちよ」

  • URLをコピーしました!

シャトーブリアンに倒され、ついにブランドで吸収されてしまったリゾット。

残されたT-ボーンは、駆け付けるコロッケはどうなるのか。

目次

T-ボーンVSシャトーブリアン

リゾットを取り込み完全の存在になったと豪語するシャトーブリアンに対し、戦いを挑むT-ボーン。

しかし本格化したリゾットを取り込んだことで身体能力が増大したシャトーブリアンに返り討ちにあってしまいます。
T-ボーンってコロッケ側の中ではかなりの強キャラ設定なのですが、強敵と当たることが多いので勝ち星が少ないのが残念…

そんなT-ボーンのBlack Labelでの活躍はコミックスの外伝で主に描かれており、2巻の6.5話、3巻の8.5話で活躍しています。
気になる方はチェックしてみてください。(本編でも活躍してほしい…)

リベンジマッチ

108マシンガンでT-ボーンを倒したシャトーブリアンの前に現れたのは、コロッケ。
13話あたりから走り続けていたので、ここまで長かった…ついにシャトーブリアンとのリベンジマッチです。

前回の戦いとの違いは、コロッケがバーグと分離して元の姿に戻ったこと、そして右拳にバンカーマークが浮き出て”本格化”したこと。

そんな本格化して威力が増大したハンバーグーをシャトーブリアンに打ち込むのですが、片手で受け止められてしまいます。
ウスターは「こんなハンバーグーは今まで見たことない」と言っていたので、最終話でユバを倒したとき以上の威力だったはずなのに…

リゾット生還

ハンバーグーを止められ、キングダムセイバーでトドメをさされそうになるコロッケ。
しかしその時リゾットがシャトーブリアン体内から生還。
キングダムセイバーで内側から切り裂き、シャトーブリアンを消滅させます。

しかしなぜリゾットだけが、内側から攻撃することができたのでしょうか。
アンチョビなんてパーフェクトリバース後に吸収されたから元気な状態だったはず…

本格化したことが関係しているのでしょうか。
そろそろ本格化は何を意味している言葉なのか知りたいですね…

シャトーブリアンも生還

これでリゾットが優勝…かと思われたものの、シャトーブリアンがバンカーサバイバル決勝のトーテムポール上に復活したシーンで今話は終了。

フォンドヴォーを取り込んだので不死能力で復活したということだと思われます。
あとはパーフェクトリバースも使えるので、ボロボロの状態で復活したとしても元通りになれます。

そんなシャトーブリアンに勝機はあるのでしょうか…?
コロッケ、リゾット、ウスター、T-ボーンは次回以降どう立ち向かうのでしょうか。

ちなみにT-ボーンはポイントを奪われた上にボロボロ、ウスターはポイントはありますが戦力にはならないので、戦えるのはコロッケとリゾットのみ。

頼みの綱は、コロッケとリゾットによるブレンドでしょうか?
コロットの登場、もしくは二人の合体に期待です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

心地いい部屋を作ることが趣味なアラサー男子。ファッションやカメラ、ウルトラマンなどが好きです。

コメント

コメントする

目次
閉じる