【ライブレポート】ねごと 2019年6月1日大阪公演 『お口ぽかーん!LAST TOUR ~寝ても覚めてもねごとじゃナイト~』

スポンサードリンク




会場

ねごとラスト大阪、最後の会場となったのはBIGCAT
アメリカ村のビッグステップという施設の4階にあり、850人キャパのライブハウス。
ツアーではこれまでにも何度も訪れており、大阪でのホームとも言える場所です。

私は今回のライブで初めてBIGCATを訪れたのですが、ドリンク代が600円でした。
BIGCATのライブに行かれる方は注意です。

 

開演

19:05 開演

入場SEと共にメンバーが続々とステージに登場。
蒼山幸子の奏でるメロディ・声から始まるインストゥメンタルでライブはスタート。
力強く歌い上げて演奏する4人の姿を見て、これが本当に最後なのか…?と、未だ実感は湧かない。

「こんばんは、ねごとです」
挨拶とともに始まるのは透き通る衝動
続いて披露されたDESTINYはアニメの主題歌だったこともあり人気の曲。
透き通る衝動と比べると穏やかな曲調で、緩急をつけたセットリストに心が踊る。

 

三曲終わり、ここで軽いMC
「ねごとです!今日はたくさん曲を持ってきました。次は懐かしい曲をやります」と言い始まったのはワンダーワールド
歌詞にある「光線ビーム出しちゃうぜ」の部分でスペシウム光線のようなポーズをしちゃう蒼山幸子がキュート。

人気曲sharp#はギターが奏でられた瞬間に歓声が上がるほど。
最後のギター間奏部分では増田瑞季がお立ち台に乗り、ギターを目一杯かき鳴らす。

その後はサイダーの海ループなどの人気曲が続き、ふわりのことが終わるまでMCも無し。
ここまでで11曲消化と、通常のワンマンでは後半に差し掛かる部分までぶっ続けの演奏。最後だからなのか怒涛の勢いで曲を消化していく。
すると、ここで2回目のMC。
大阪は何度も来ており、その度にライブをしていたBIGCATはねごとにとってのホームのような場所だと語る。
お客さんの顔がとても見える会場であるとも言い、言葉一つ一つにファンとの距離の近さ・感謝の気持ちを感じるよう。

 

続いて披露されたのはメルシールー
初期の人気曲であり、ねごとの歴史を語る上で外せない曲。
君の夢はねごとの中でも隠れた名曲であり、そのほかにはシンクロマニカサタデーナイトなども演奏。
このブロックは隠れた名曲コーナーとでも言わんばかりの勢い。
サタデーナイトではこの日はじめてのハンドマイクを使い、蒼山幸子がお立ち台で歌うなど、迫力のある場面も。

 

前半戦が終了し、ここで再びMC
大阪での思いを語るのですが、実は彼女たちの初遠征が大阪だったという話に。
夜行バスで機材を抱えてやってきてライブしたと言い、初遠征ということで特別な思い入れのある土地であるとのこと。

通常のワンマン本編の曲数を経て、ここからはライブ後半戦へ。
まさかの披露となったカップリング曲天使か悪魔か、そして同じくカップリングにもかかわらずベストに収録されているschool outから後半戦スタート。

「ここからは最後のブロック、まだまだ踊れますか!」と言って始まったのはETERNAL BEAT
踊らせようといわんばかりのラストスパート。
endlessの後に演奏したのは、ねごと最後の曲として作られたLAST SCENE
彼女たちの良い所を最大限に詰め込んだ曲で、フロアを最大限に踊らせる。

 

「ラストです!」
蒼山幸子がこの曲のPVやライブで使っているMIDIコントローラーを取り出し、本編最後の曲はアシンメトリ
2時間に渡る怒涛の曲数のライブが終了した。

19:00 本編終了

 

アンコール

19:03 アンコール開始

場内が明るくなり、メンバー再登場。
その時の様子がドラム澤村小夜子のTwitterから確認できます。

https://twitter.com/suyaco_zZ/status/1134772735853252608

「最後ですけど悲壮感は全くなくて、ねごとは良いお客さんに恵まれました!本当にありがとうございました!」
ねごとを代表し、蒼山幸子が大阪のお客さんに感謝の気持ちを込めた挨拶。

次は初期に雨の日だけやっていた曲(ベストアルバムで初の音源化)をやります、と言いを演奏。
「(雨は今日降ってませんが)昨日は雨…でしたよね!?」と笑わせながら始まったところも、ねごとらしい。

最後のアウトロが終わった後、すぐさま最後の曲のイントロへ。
「本当の最後の曲です!」と演奏されたのは代表曲カロン
この曲が発表されたのは2010年。あれから約10年近くが経ち、ねごととしての大阪最後の演奏を終えました。

最後はBGMでETERNALBEATが流れる中で場内のお客さんと写真撮影。
その後も長い間ステージに残り、メンバーそれぞれがお客さんに感謝の気持ちを伝えてステージを後にしました。

終演 19:19

 

終演

とうとう終わってしまいました、ねごと大阪。
この大阪公演はツアー2日目。ツアー1日目は東京の恵比寿リキッドルームだったのですが、東京はもう一公演あります。
その土地での最後のライブとなるのは、この日が初。

しかし、彼女たちは最後まで笑っていた。
涙は無く、笑顔でステージを去っていった。
この日のライブはずっと記憶に刻まれ続けるでしょう。ねごと、本当にありがとう。

 

前回のツアー

ねごとのツアー『ねごとワンマンツアー2018 「SOAK」』名古屋公演に行ってきた!

 

セットリスト

セットリスト

インストゥメンタル
透き通る衝動
DESTINY
(MC)
ワンダーワールド
sharp#
サイダーの海
greatwall
ループ
GREAT CITY KIDS
透明な魚
ふわりのこと
(MC)
メルシールー
君の夢
シンクロマニカ
Fall Down
サタデーナイト
(MC)
天使か悪魔か
school out
シグナル
nameless
憧憬
ETERNALBEAT
endless
LAST SCENE
アシンメトリ

アンコール

カロン

ETERNALBEAT(退場BGM)

スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です