【ライブレポ】UNISON SQUARE GARDEN TOUR 2019「Bee side Sea side 〜B-side Collection Album〜」名古屋公演【セトリ付】

スポンサードリンク




 B-side See-side B-side collection
今年7月に発売されたカップリングベストの曲のみで全国を回るツアーです。

 

9〜11月上旬まではUNICITY会員のみを対象にしたこのアルバムのツアーが行われ、それ以降は全員が来れるツアーが始まりました。
今回はその一般の方向けの名古屋公演です。

 

会場

ライブ会場は今年4月にもワンマンライブを行なった、センチュリーホール。
ちなみに今回のツアーはカップリング曲を主軸にしているにも関わらず、すべてホール公演となっています。すごすぎる。

今回の名古屋はソールドしたものの、機材席解放として当日券が若干枚数あったそうです。

 

開演

18:00 開演

基本的にセトリは名古屋ダイアモンドホールで行われた、会員向けのライブとほぼ同じです。
リトルタイムストップからライブはスタートし、2曲目のセク x カラ x シソンズールへと続いていきます。

セク x カラ x シソンズールが終わると軽いMC
「今日は本当にカップリングしかやらないので皆さん気をつけてください」「最後までよろしく!(超早口)」
たった二言のみ。彼らのライブに多くの言葉はいらない。自由に楽しみ、自由に帰っていく。それが彼らが15年かけて作ってきたスタイル。
この後はノンストップで曲を続けていきます。

今回は会員向けツアーよりもキャパが多いということでステージが大きく、B-SIDE SEA-SIDEの文字が書かれた床と、照明のセットが組まれていました。
そのため田淵さんが縦横無尽にステージを駆け回る、駆け回る。
over driverピストルギャラクシーなどの激しい曲になると、その動きは圧巻。ホールということもあって広いステージ上を動き回る。

そして何より貴雄さんのドラムがすごい。ほとんどの曲が音源と比べて音数が増えてます。特に初期の頃に作った曲の音数が凄まじいことになっており、ドラムだけ原曲とほぼ別物。
ぜひ見ていただきたいので、このツアー映像やライブ音源などを残してリリースしてほしい…

 

ノンフィクションコンパスが終わり、本編最後のMC(いつも通り!)では「今日初めてUNISON SQUARE GARDEN見に来た方、すみません。アニメの主題歌はやりません。(笑)」と、今回はカップリングのみでライブを完結させることを改めて強調。
次は年始にやったカップリングのアンケートで30位だった曲をやります!とし、三月物語の演奏へと続く。
(このとき口には出していませんでしたが、30位というのは下から2番目です。)

 

今回は広い大きなステージということで、ちょっとした演出も追加されます。
三月物語以降は演奏する三人の後ろに、月の裏側のセットが吊るされていました。B-side Sea-sideのジャケットの再現。
続く三日月の夜の真ん中では、光を当てて三日月に見えるようにしていたのも細かい演出ポイント。

しかしスノウリバースを終えて斉藤さんがギターを変える少し長めの暗転になると、月のセットはいつの間にか消えていました。短い演出…!

 

会員向けのツアーではスノウリバースのあとにU-sideのコーナー(2曲ランダムで追加演奏するコーナー)があったのですが、今回は一般の方向けということで特にMCも挟まずそのままライブは続行。

シグナルABCラディアルナイトチェイサーI wanna believeMicro Paradiso!という、最高潮に盛り上がるカップリング4連続を披露。
Micro Paradiso!の間奏では三人がそれぞれ顔を見合わせて演奏を止めたり、「この番組はご覧のスポンサーの~」の前には田淵さんが斉藤さんを茶化すなど、多くライブをしていく中で完成されたかのような演奏でした。

本編終了 19:58

 

アンコール

20:00 アンコール開始

3人がステージに現れ、5分後のスターダストからライブは再開。
ステージに組まれた照明がステージにオレンジの落ち葉模様を映し出し、すっかり冬を迎えたこの日この瞬間を秋色に染めていく。

また、この曲では会員ツアーと比べて貴雄さんのドラム音数が減っているように感じました。やっぱりこの曲はドラム音数原曲のままの方がいいかも…なんてやり取りがあったのかもしれませんね。

 

ここで最後のMC
今年いっぱい祝われモードだったユニゾンの、最後の最後のイベントがこのツアーであること。通常営業に戻っても、この1年を糧にして来年も活動を続けていくこと。また気が向いたら遊びにきてほしい、ということを最後に挨拶。
「今日はありがとうございました」という言葉のあとに何も言わずに始まったのは、さわれない歌

今日ここにきてくれた“物好き”たちに「これからもよろしく」と言っていそうな選曲。

最後はラブソングは突然に ~What is the name of that mystery?~
今年最後の名古屋公演を大盛況で終えました。

20:19 終演

 

終演

今年最後に見るユニゾンのライブ、ということで最高潮に盛り上がりました。
ユニゾンは来年以降の予定は今の所白紙ですが、きっと例年通りなら1月1日に新しい発表があることでしょう(そう信じたい)

 

UNISON SQUARE GARDEN 15th Anniversary

今年いっぱい楽しませてもらいました。これから通常営業に戻るユニゾンですが、来年以降もよろしくお願いします!

【ライブレポ】UNISON SQUARE GARDEN 「Bee-side Sea-side U-side」名古屋公演【セトリ付】

 

セットリスト

セットリスト

UNISON SQUARE GARDEN TOUR 2019
「Bee side Sea side 〜B-side Collection Album〜」
名古屋公演

リトルタイムストップ
セク x カラ x シソンズール
flat song
over driver(イントロ前にセッション)
ピストルギャラクシー
ギャクテンサヨナラ(B.C style)
僕は君になりたい
スノウループ
ここで会ったがけもの道(イントロ前にドラムソロ→セッション)
ノンフィクションコンパス(イントロ前にベースイントロ追加)
(MC)
三月物語
三日月の夜の真ん中(アウトロでセッション)
サンタクロースは渋滞中
スノウリバース
シグナルABC(イントロ前にセッション)
ラディアルナイトチェイサー
I wanna believe、夜を往く(サビ始まり、ラスサビ前アカペラ)
Micro Paradiso!

アンコール
5分後のスターダスト
(MC)
さわれない歌
ラブソングは突然に ~What is the name of that mystery?~

 

【ライブレポ】UNISON SQUARE GARDEN “プログラム15th”【セトリ付】

【ライブ感想】UNISON SQUARE GARDEN TOUR 2019「MODE MOOD MODE ENCORE」 ZeppNagoya公演2日目

UNISON SQUARE GARDEN TOUR 2018「MODE MOOD MODE」名古屋公演に行ってきた

【ライブレポ】UNISON SQUARE GARDEN TOUR 2017-2018「One roll, One romance」幕張メッセ公演【セトリ付】

スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です