【感想・考察】ウルトラマントリガー 6話「一時間の悪魔」

サンシャインシティで開催されているウルサマも、いよいよ放送日の翌日(8月29日)で終了となりました。
放送の前日はコスモス20周年を記念するコスモスナイトという優しいイベントが開かれる中、TV本編ではトリガーの3タイプを破る怪獣が出てくるという大変なことになっていたのでした…

目次

サタンデロス

created by Rinker
バンダイ(BANDAI)
¥419 (2021/09/25 21:45:24時点 Amazon調べ-詳細)

今回トリガーを苦しめたサタンデロスはタイガ14話に登場したギガデロスのうち一体が、何者かの手によって改造されたものでした。
ギガデロスと比べると暗めのカラーリングになっており、とてもクールな印象を受けます。
タイガではトレギアによって改造されましたが、今回はおそらくヒュドラムによる改造を受けて地球に飛来しました

1日1時間にしか動けないという制約がありますが、その実力はトリガーの3タイプ全てに勝利するという強さ
ギガデロスのときのような分身能力はありませんが、その代わりに強固なバリアを持つようになりトリガーの全ての攻撃を弾き返します。

イグニスの強力によりバリアを止めることに成功しましたが、その後はトリガーと(ほぼ)戦闘することはなくGUTSファルコンとナースデッセイ号の攻撃により撃沈。
GUTS-SELECTが怪獣を倒すのが描かれたのは初でしたね。
ナースデッセイ号のナースキャノンはデラック砲が思い出されました…(ネオマキシマオーバードライブはありませんでした)
あとナースキャノンの出力を上げる改造にテッシンさんが駆り出されていましたが、この船は他に乗組員がいないのでしょうか?(少し気になった)

トドメをGUTS-SELECTが刺すのはとても良い描写だっと思ったのですが、トリガーのリベンジマッチを少し挟んでくれても良かったのではないかという気持ちも少々ありました。
スカイタイプで倒される様子が序盤にあったので、パワータイプに変身して圧倒するのを入れてくれてもよかったんじゃないかと。
そしてサタンデロスが倒されそうということでその途中にヒュドラムが乱入、トリガーはマルチ→スカイへと変身してヒュドラムと戦うという流れだったら、リベンジマッチもできてGUTS-SELECTの活躍も描けてヒュドラムも倒せて全て丸く収まったという気も。

そういえば序盤スカイタイプで戦っていたのは、VSウェポナイザーを意識してのことでしょうか?
確かに見た目はちょっと似てるかも…?

VSヒュドラム

サタンデロスを助けるために現れたヒュドラム、そしてヒュドラムを倒すために変身したトリガー。
今回は2話のVSダーゴン第2ラウンドのときと同様に、最初からトリガーとヒュドラムのほぼタイマンの戦いが描かれました。

ダーゴンの時とはまた違った描かれ方で、最初はマルチタイプ、途中からスカイタイプに変身するという戦い方。
前回スカイタイプで防御に使うために変化させたマルチソードを、今回は攻撃でも使っていたのが面白かったです。
速さがウリのスカイタイプは、パワークロー以外の形態はどちらも使いやすいのかもしれませんね。

そして今話はスカイタイプのカッコ良さが最大限に描かれた回でした
スカイタイプに変身した直後からインスト版OPが流れ、マルチソード連続突き→スカイアロー切り抜け→飛び込みアローストライクの一連の流れ。
空こそ飛んでいませんが、高速戦闘タイプのカッコいい戦い方でした。ダイナミックな戦い方のパワータイプとはまた違ったかっこよさがあります。

そしてキレて襲いかかってくるヒュドラムに対し、振り向きざまのランバルト光弾。
現時点でのトリガーのかっこいい戦闘シーン堂々の1位だと思います。
ちなみに今回のランバルト光弾はティガがレギュラン星人を倒した時のようなビームタイプ。
思えばトリガーがランバルトでトドメを刺したのは初めてですね。

戦闘シーンは上記のようなカッコ良さがありつつ、ヒュドラムが昔のトリガーについて触れたのも意味ありげで良かったです。
「せっかくの力を人間なんかのために使うなんて」「昔のあなたの方がエレガントでしたね」というセリフがありましたが、これは昔と今の姿は違うということなのでしょうか?
ケンゴのイメージに手が闇に染まるシーンが出てきたので、ティガ同様にトリガーも昔は闇の姿だったという風にも見て取れますが…

ちなみに今回ヒュドラムのユナへの攻撃を防御するため、ユザレも登場(というより変身?)。
3話でヒュドラムがその身に危険が迫ると覚醒すると言っていましたが、それが証明された瞬間でもありました。
今後はユナを狙って、闇の3巨人の攻撃が激化していくのでしょう。
3話以来全く触れられていない、エタニティコアについても後々明かされていくといいですね。

イグニスの過去

ギャグ回以来の登場となったイグニスですが、今回は完全にシリアス担当。
苦戦するGUTS-SELECTの面々に協力を持ちかけ、サタンデロスのバリア能力破壊を手助けします。
オカグビラに吹っ飛ばされたコミカルなイグニスさんは見る影も無かったです。

そして今回、ヒュドラムがイグニスの故郷であるリシュリア星を滅ぼした様子が描かれました。
星を壊滅させた後に「3000万年ぶりの食事」というセリフがあったので、おそらくリシュリア星を襲ったのは100年前に復活した直後ということになるのでしょうか。
イグニスはその壊滅時に見逃してもらった生き残り。ヒュドラムには並々ならぬ因縁があります。

トリガーの戦いぶりを見て「あの力なら…」と呟いていたので、おそらくイグニスが次に狙うのはトリガーの力ですね。
今後はヒュドラムを倒すためにトリガーの力を手に入れようとし、ケンゴのように超古代の遺伝子を持ってないためにイーヴィルトリガーとなってしまう。
トレジャーハンター(海賊)ということで、イーヴィルトリガー(トリガーの海賊版?)になるなら、イグニスにトレジャーハンターという役職が付いているのも納得できるなぁと。

インター・ユニバース

次回、ついにウルトラマンゼット登場!
昨年もこれくらいの時期にゼロが客演していたので、この時期は客演シーズンなのでしょうか?
ハルキもナースデッセイ号に搭乗する様子。
どんな絡みを見せてくれるのでしょうか。

あわせて読みたい
【感想・考察】ウルトラマントリガー 7話「インター・ユニバース」 ついにゼットさん登場。 放送前から話題を集めていたウルトラマンゼット客演ですが、今話ついにハルキと共に登場します。ゼットライザーではなくGUTSスパークレンスとゼ...
あわせて読みたい
【感想・考察】ウルトラマントリガー 5話「アキトの約束」 二度の総集編を挟み、3週間ぶりとなったトリガー本編。今回は1話以来となる、ティガ世界の繋がりを感じさせるような作りになっていました。 【始まりの怪獣デスドラゴ】...

↓これまでの
ウルトラマントリガー感想

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる