【感想・考察】コロッケ!BLACK LABEL 第15話「バンカーは 夜 進化する」

9月15日、コロコロオンラインにてコロッケ!BLACK LABELの最新話が更新されました。
前話では見えないところでキャベツの戦いが描かれましたが、ここからは元の姿に戻ったコロッケが戦います。

目次

コロッケの”本格化”

前話が終わってから日が暮れるまで、数人ものバンカーと戦っていたコロッケ。
しかしハンバーグーを相手に直撃させても倒すことができなかったり、必殺技を放った後には肩で息をするなど、未だ調子を取り戻せていない様子です。

そんな中、突如コロッケが急にスピードアップしたり、攻撃の威力が上がるなどの出来事が。
しかもその時は口調や目つき、雰囲気なども多少変わり、相手バンカーを倒した瞬間のことは覚えていないよう。
これはバーグのブレンド能力が復活しようとしているのか…と思いきや、コロッケの拳にバンカーマークが浮き出ます。

モニターで見ていたプリンプリン曰く、これは本格化とのこと。
シャトーブリアンは背中、少し前に本格化したリゾットの場合は肩でしたが、コロッケの場合はバンカーマークは拳に現れました。
少し前

プリンプリンの暗躍

今回プリンプリンのセリフによって新しく分かったことは、以下の二つ。

・現在”本格化”が確認されているのは三人(シャトーブリアン、リゾット、コロッケ)のみ
・本格化が何のことか知っているのは、シャトーブリアンとプリンプリンのみ

今のところ本格化が何のことなのかは読者に一切明かされていませんが、このことについて知っているのは現状ではシャトーブリアンとその部下プリンプリンのみということになります。

そのプリンプリンは今回、この大会の裏でシャトーブリアンに隠れて禁貨を集めている様子が描かれました。
禁貨を手に「世界はこのプリンプリン様のものだ!!」と言っていたことから、ただシャトーブリアンに仕えているわけではなさそうです。


コロッケVSアンチョビ

BLACK LABEL1巻以来の、コロッケVSアンチョビ。
今回はコロッケが元の姿に戻ったばかりで本調子でないという、とても不利な状況。

しかし調子を取り戻したのか、アンチョビよりも先に必殺技を撃ち込み、連続デスライトニングを避けつつハンバーガーをお見舞いするなど終始圧倒。
今回はバーグとブレンドしていないためか、コロッケが編み出した技であるハンバーグーを両手で打ち込むハンバーガーも使用。
何気にBLACK LABELでハンバーガーが使われたのは初めてですね。
ジャンプしてのハンバーガーは、バンカーサバイバル決勝戦や王様だーれだ大会の再現のようでした。

これで気絶させたかと思いきや、アンチョビはパーフェクトリバースで完全復活。
コロッケはまだ一発も攻撃を入れられていないとはいえ、連戦続きなので長期戦になったら間違いなく不利です。
リゾットやフォンドヴォーが助けに現れるのか、それともアンチョビはそのまま立ち去るのか(コロッケは最後に取っておきたいため)、又は別のバンカーやシャトーブリアンが乱入してくるのか、この先の展開が気になります。

今回はバンカーは夜進化するというタイトルだったので、T-ボーンが登場するかと思ったのですが…
これは次回出るかもしれないという伏線でいいんでしょうか?笑

あわせて読みたい
【感想・考察】コロッケ!Black Label 14話「小さき者の大いなる希望」 前話最後のページで生存が確認されたフォンドヴォーが表紙。今回の話はフォンドヴォーと、感情豊かなコロッケ、そして久々の登場となるあのキャラが活躍します。 【フォ...
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる