【感想・考察】コロッケ!Black Label 14話「小さき者の大いなる希望」

スポンサードリンク




『コロッケ!BLACK LABEL』 第14話「小さき者の大いなる希望」

前話最後のページで生存が確認されたフォンドヴォーが表紙。
今回の話はフォンドヴォーと、感情豊かなコロッケ、そして久々の登場となるあのキャラが活躍します。

 

フォンドヴォー生存

1巻でコロッケをかばって死んだと思われていたフォンドヴォーですが、またもや復活!
黒マントや裏バンカーサバイバルに引き続き、生存するのはこれで3度目。続編になっても悪運の強さは相変わらずです。

しかしコロッケが王になることを否定し、前話で倒したツナマヨのポイントを奪うとそのままコロッケとウスターの前から逃走。
なぜ生存したのか、なぜコロッケを助けたのかなどの理由は全く描かれないままその場を立ち去ってしまいました。
セリフも少なかったため偽物という線も少なからず考えられますが、棺桶を背負っていなかったため本物だと思うのですが…

前話の感想で治癒系の能力を得たか回復系バンカーとブレンドしているかもしれないと書きましたが、今も全く分からないまま。
描かれるのはきっともう少し先ですね。

 

作品の雰囲気が前作に戻った

フォンドヴォーの生存していたことに号泣したり、戦ったツナマヨを激励したり、少年の姿に戻ったことでコロッケの感情表現が豊かに。
バーグとブレンドしていた頃のコロッケはクールだったのでこうした喜怒哀楽はウスターやT-ボーンの役割だったのですが、やっぱり主人公が明るいと作品の雰囲気も明るくなりますね。

BLACK LABELはずっとコロッケがクールで作品の雰囲気も暗かったので、続編というよりはパラレル作品だと捉えていた部分もあったのですが、少年の姿に戻ったコロッケを見て、やはり続編なんだなぁと思いました。
BLACK LABELを好意的に捉えられないファンの方々がいたら、是非この話までは読んでもらいたいです。

 

キャベツ参戦

そして2巻以来のキャベツ再登場。
今回の話のタイトルの通り、今回の話の後半はキャベツが主役。
密かに第2回王様だーれだ大会に参戦しており、コロッケを狙うバンカーを倒すという活躍を見せてくれました。

あとキャベツが途中で使ったびよーんキャッチはおそらく新技?
さりげなく新技が出てくるのも、続編を呼んでいる読者としては嬉しい。

天才科学者となっているキャベツはフォアグラーとブレンドしているという考察もありますが、今回キャベツが自爆したことでブレンドが解ける…という展開もありえるのではないでしょうか。
レモネードとの闘いでアンチョビはニガリに化けていたということもあったため、これが今後の登場を示唆するものであってほしいのですが…

あと、大会に参加するにあたってパセリを置いていったようにも見えたため、おそらくパセリは生存していると思うのですが、これが今後の鍵になっていたりして…?

 

戦いは佳境へ

ついに少年の姿で、戦いに向けて走り出したコロッケ。
前話ではまだコロッケは姿が戻ったばかりで本調子ではありませんでしたが、ここからは前作同様迫力のあるバトルを見せてくれるでしょう。

去ってしまったフォンドヴォーや生死不明のキャベツなど衝撃の展開が続きましたが、ここからは生き残っている者同士の闘いになります。
残っているアンチョビやリゾットにT-ボーン、そしてタロとカラスミ救出に向かったテトやモッツァレラなど、まだまだ描かれてない人物や場面が沢山ありますので、次回がとても待ち遠しいです。

スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です