【ネタバレ】D.Gray-man 第241夜 A.Wに別れを告げる・赤腕とマナ⑤【感想】

created by Rinker
¥722 (2021/09/25 08:55:04時点 Amazon調べ-詳細)

今まで全く動かなかった左腕。
しかしコジモへの憎しみが爆発し、ついに過去編でもイノセンスが発動されました。

その左手が向かう矛先はコジモなのか、それとも…?

目次

イノセンス発動

呼(こえ)がした
誰かが止めるような
悲しむような
聴こえて 消えた

アポクリフォスのイノセンス操作の要因が強めですが、おそらくアレンが初めてイノセンスを発動したであろう場面。
上記のモノローグから、このあたりのことはアレン本人は覚えていなさそう。
おそらく神田に語ったのはこのあたりまででしょうか。

でもアレンが初めてイノセンスを発動したのは、AKUMAになったマナを破壊したとき(1巻)だということが既に描かれているため、矛盾が生じてしまっています。
しかしその矛盾を解決するために動いていくのが、おそらくアポクリフォスでしょう。
記憶操作やイノセンス発動を促したりと何でもできるため、この事件が終わった後に記憶を操作して発動を無かったことにさせ、左腕を再び眠らせた…としたら綺麗に物事が進みます。
それかAKUMAになったマナを破壊した時にも実はアポクリフォスは現れていて、マナを破壊してショックを受けている最中に記憶を改変させたとか?
一体どちらなのか。

そして233夜でクロスの「今の状態のマナにイノセンスを近づければ何が起こるかわからん」という発言がありましたが、ついに発動した状態のイノセンスと距離が近い状態になりました。
アレン発動時にマナの身体が反応していたことから、どうやらイノセンスに影響している様子。千年伯爵の姿に戻ろうとしているのでしょうか?

ちなみに細かい点ですが、マナがアレンに対し「適合者だったんですね」と言っていたことから、ネア殺害後の記憶が混濁しているこの時もイノセンスについては多少知っている様子。

アポクリフォス

心の底では泣いているもののそれでもコジモを殺してはならないと説くマナに対して「なんでこんなやつを庇う」と非難するアレン。
すると突然力が溢れ出し、マナの頭を破壊しようとする左腕。
イノセンスの力に飲まれて自我が暴走しているアレン。そしてそれをコントロールしているのは、どうやら遠くからその様子を見つめているアポクリフォスのよう。

そのカルマを拡げ 捧げよ
すべては「ハート」の御方に

アレンのイノセンスをコントロールし、マナ(千年伯爵)を壊そうとするアポクリフォス。
これまでマナの正体を知りながら見逃してきたにも関わらず、なぜ今壊すのか。なぜアレンを操りマナを壊そうとするのか。

きっとアレンが千年伯爵を倒すということが、何か鍵になっているのかもしれません。
クロスも「マナを壊す(殺す)のはネアでなければならない」(237夜)と発言していることから、やはりアレン=ネアがマナを倒すことで何かが起こるのでしょう。
その他にも、上記のセリフの次に発言した言葉が気になります。

この悲劇が 贄となりて

この世界観において、悲劇を材料に生まれるといえばAKUMAのことですが、アポクリフォスのこの発言はハートの復活に繋がる言葉です。
ハートを復活させるためには、マナ=千年伯爵を生贄にすることが必要なのでしょうか?

235夜においてマナ=千年伯爵はいずれ「柱」と呼ばれる、世界を滅ぼす存在になることが示唆されています。
ということは、いずれマナが成る「柱」こそがハートそのもの?
となると、マナもアレン同様にノア(千年伯爵)とイノセンス(ハート)両方を有する存在となります。
ネアを壊すのはマナでなければならないというのは、両方の力を有している者同士でしか倒しあえないということなのでしょうか。

うーん、謎が深まるばかり!

マナと赤腕

「悲しんだら伯爵がきます」
この言葉を信じ続け、これまで泣かないで生きてきたマナ。

しかしその心の奥底ではずっと泣いていたことを、アレンに見抜かれ指摘されます。
今はAKUMAとなってしまった魂を見抜くことができますが、昔も人の心を見抜くことができたという描写はアレンのキャラクター的にとても良い描写かつ、現代アレンとの良い対比になっていたと思います。

そして泣いているマナを、18歳の頃のマナを重ね合わせて描写する…
星野先生の表現力が凄すぎる…だからDグレは良い。

クロスの登場が待たれる

created by Rinker
¥722 (2021/09/25 08:55:04時点 Amazon調べ-詳細)

アポクリフォスが操る左腕によってマナが破壊されようとしている今、マナにイノセンスを近づけることに強烈な拒否反応を示していたクロスの登場が待たれます。
アポクリフォスにティムが壊されたことで異変に気づいたクロスが駆けつけてくれるといいのですが…
物語的にもそろそろ登場しそう?な感じ。

クロスによってマナは助かるのか、それともロードが登場するのか、はたまた千年伯爵が復活するのか。
いずれにせよ、ここからは怒涛の展開が待っていることでしょう。
小説3巻から大きく逸れた物語、結末はどこに向かっていくのでしょうか。

(画像引用:ジャンプSQ. RISE 2021 SUMMER

あわせて読みたい
【ネタバレ】D.Gray-man 第240夜 A.Wに別れを告げる・赤腕とマナ④【感想】 【2021.7.29更新】 最新話(241夜)感想はこちら 物語は佳境へ。 小説3巻をベースに進んでいた過去編は、なんと今回で小説と内容が大きく外れることになりました。 前話...
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる